Pocket

1.世界の金融市場は回復傾向に

理由① 原油価格が回復してきた(26ドル⇒38ドル)

  • 原油価格の回復により、株式市場も回復してきている

理由② 年度末相場(年金機構と企業が余った予算で買いまくる)

  • 企業の自社株買い
  • GPIFの買い

2.各国の金融政策の限界

2−1.ECBのサプライズ金融緩和(6兆円⇒8兆円)

  • 効果無し。結局、ユーロ高になってるやんか。

2−2.日銀の政策(2016年3月XX日)

  • マイナス金利導入の結果は、今のところ期待外れ
  • アメリカが困る(ドル高円安)政策は、とりづらい
  • 日本は再びデフレに向かい始めている
  • デフレは円高を誘発する
  • デフレは、現金のバブル
  • 高額紙幣の需要が増えている
  • 金融政策も限界、財政政策とセットでやらないと補正予算?、増税すべきではない

合わせて読みたい
【図解】おどろくほど簡単 たったの5行で分かる「マイナス金利」
【図解】おどろくほど簡単 たったの5行で分かる「金融緩和・量的緩和」
【図解】おどろくほど簡単 たったの5行で分かる「デフレーション(デフレ)」
【図解】おどろくほど簡単 たったの5行で分かる「日本銀行と政府の役割」
【図解】おどろくほど簡単 たったの5行で分かる「金融政策と財政政策の違い」

3.結局、日本はどのように成長していくか?

  • アベノミクスの第三の矢が、雇用の安定、日本の経済に最も大事。

 

リーマン・ショックを逃げられる無料の投資運用アドバイザーが出来ました!

資産運用アドバイザー VESTA(ベスタ)
https://vesta.onl/

Pocket