Pocket

マイナス金利失敗

2016年1月29日に導入が発表され、2月16日より実施されたマイナス金利。日銀の説明とは裏腹に、市場は逆の方向に進み、関係者から批判が相次ぎました。

銀行という仕事は、簡単に言えば、お金を安いコストで調達(= みなさんが預ける銀行預金など)して、それよりも高い金利で貸し付ける商売です。ところが今回、日銀からの「銀行は安い金利でもっともっと貸すように」という暗黙のプレッシャーが見て取れるマイナス金利の導入が決定され、銀行はとんでもなく安い金利でお金を貸さなければいけない羽目になってしまいました。

その一方、銀行が調達したお金(= みなさんが預ける銀行預金など)の利回りはこれ以上下げてはならないと言われたものだから、商売は儲からなくなってしまいます。今回の政策発表に際し、銀行の関係者から”銀行を殺す気か、廃業させる気か”という怒りの言葉が聞こえたのも、こうした理屈あっての話です。

仕入コストは同じなのに売上は下がってしまうということですから、仕入の量を減らすことを検討するのは自然です。かくして銀行は、マイナス金利が導入されると、最終的には貸し出しを縮小し、同時に、余分に調達したお金を縮小する戦略を取ることになるのではと言われています。これが銀行の、マイナス金利に対抗した合理的な戦略だからです。

もちろん、個人の預金を減らすことはインパクトが大きいので、それは最後の戦略であると言えるでしょう。その前にやることがあります。現実的には、社債の早期償還(=買戻し)などが優先されるのではないでしょうか。事実、広く世界を見渡せば、この動きはすでに始まっています。

欧州では、ドイツ銀行が信用不安問題に対応するために、過去に発行した社債の早期償還に動きました。社債とは、下図の通り投資家に借用証書を出し、代わりにお金を拠出してもらうことです。ですので、ドイツ銀行の動きは、”調達したお金を縮小する戦略”に他なりません。日本では福岡銀行と十八銀行が合併に動いています。これも最終的にはリストラクチャリングを目指し、スリム化を目的としたものと考えられています。

社債とは

 

つまり、貸し出しが増えなければ、マイナス金利の導入はいたずらに銀行に対して圧力をかけるだけの話となってしまう可能性があるのです。

さて、2016年3月15日の日銀金融政策決定会合では特に何も追加の施策は発表されませんでした。今後、マイナス金利が期待通り働くのか、マーケットは疑念を持って見守っていくことになるでしょう。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket