Pocket

1. 「日本銀行」ってどんな銀行?

日本銀行は、個人や企業とは取引することはなく、銀行などの金融機関と取引をしています。「日本銀行」は、”銀行の銀行”として機能しています。

アベノミクス以後、経済面やニュースのトップに出てくることが多くなった「日銀」(日本銀行)。最近も、日本銀行のトップである黒田総裁が「マイナス金利政策」を打ち出し話題になりました。この日本銀行、銀行というカテゴリーですが、私たち個人とは繋がりがありません。私たちが銀行に預金をしたり銀行からお金を借りたりするように、銀行は日本銀行にお金を預けたり日本銀行からお金を借りたりしています。銀行が使う銀行なので、日本銀行は「銀行の銀行」と呼ばれているのです。

ちなみに、日本銀行の筆頭株主は政府で、55%の株式(厳密には出資証券)を保有していますが、日本銀行は政府から独立した機関と位置づけられています。日本銀行は株式会社ではなく、「認可法人」という特殊な法人ですが、実はJASDAQに上場しています。株式会社ではありませんが、いわゆる株式に相当する出資証券を買うことができます。ただ、日本銀行は株式会社ではないので、株主総会は存在せず、従って出資証券を買っても議決権は得られません。

なお、東京証券取引所に上場していないのは、資本金が1億円しかなく、東京証券取引所の上場基準を満たしていないという理由があります。

民間の銀行は、日本銀行に口座を持っていて、この口座に資金を預けています。この口座は「日銀当座預金」といって、預ける金額は日本銀行が決定しています。銀行がお金を借りる時や、銀行が他の銀行にお金を送るときもこの日本銀行の口座を使っています。この口座があることで、私たちは銀行から別の銀行への振り込みができるのです。

 

2. 日本銀行の仕事って何?

日本銀行は紙幣を発行しています。私たちが納めた税金を管理して、必要に応じて国の事業費を支払っています。また、国債を発行して、利息を払うのも日本銀行の仕事です。

日本銀行は、日本銀行法という法律で設立された法人(許可法人)として、日本銀行には全国に約4,600人(2015年3月末)の職員がいます。職員は公務員ではありませんが、日本銀行法に「職員は公務員とみなす」という規定があり、公務員と同じ扱いを受けます。

日本の紙幣には「日本銀行券」と書いてあります。日本銀行は紙幣の発行をしているので「発券銀行」として機能しています。また、古くなった紙幣を回収・検査して廃棄し、新しい紙幣を供給しています。ちなみに硬貨(コイン)は日本銀行ではなく、政府が発行しています。「硬貨」はあくまでも「補助貨幣」という位置づけで、「主たる貨幣」ではないので、日本銀行の管轄外となっています。

日本銀行は「国の銀行」としても機能しています。私たち国民から納められた税金は、日本銀行の口座で管理されています。預けられた税金は、政府によって決められた予算に応じて、公共事業費、年金、公務員の給料の支払いや国債の発行、国債の利払いをしています。日本銀行は、国の銀行となって、政府の金庫の役割も果たしているのです。

マネースクエア_日銀役割

出所: マネースクエアジャパン(http://www.m2j.co.jp/sukusuku/keyword/201303/)

3. 日本銀行が行っている「金融政策」って何?

景気を良くするための「金融緩和」、景気が過剰になり過ぎないようにするための「金融引き締め」などを通して、世の中に出回るお金の量をコントロールしています。

銀行は、簡単に言えば、お金を安く調達し(= みなさんが預ける銀行預金など)、それよりも高い金利で貸し付ける商売です。ですので、銀行は調達した金額分だけ目一杯の貸し出しができれば最も収益を最大化できることになります。ただし、お金を目一杯使っていると、顧客から急に「10億円追加で貸して欲しい」というような突発的なオーダーが来た時に対応することができません。そこで、どこかに貸し出したい銀行と、急なオーダーなどに合わせ調達したい銀行のニーズを埋めるように、銀行同士で頻繁に短期の貸し借りが行われるようになりました。

この短期での銀行同士でのお金の貸し借りをしている市場のことを「コール市場」といいます。日本銀行は世の中の景気状況を判断しながら、コール市場で使われる金利を決定しています。日銀は、この金利のことを「政策金利」と呼んでいます。政策金利をコントロールすることで、世の中の金利をコントロールしているのです。

金融政策

【コール市場の仕組み】
・コール市場の金利を下げるケース
銀行がほかの銀行からお金を借りるときに払う利息が減るので、銀行はお金を借りやすくなります。お金を借りた銀行は、お金を必要としている人や会社に、少ない金利でお金を貸すことができるようになります。
すると、銀行からお金を借りる会社が増えて、設備投資をしたり、工場を拡大したり、新しく従業員を増やして会社を拡大したりするので、景気が良くなるだろうと考えられています。

・コール市場の金利を上げるケース
景気が過剰(バブル)になることを抑えるために、日本銀行は国債を銀行に売ります。すると、国債を買った銀行の手持ちの現金は減ることになります。
そして銀行間の貸し借りの金利が上がり、銀行は貸し出しをするときの金利を高くします。企業や個人は銀行からお金を借りると、これまでより利息を多く払わなくてはならないため、お金を借りて事業を拡大しようという動きにブレーキがかかります。こうしてバブルが発生しないように金利を調整してコントロールしているのです。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket