Pocket

[東京 6日 ロイター] – 自民党の山本幸三衆院議員は6日、会長を務める議員連盟「アベノミクスを成功させる会」で、「消費の数字から見れば、リーマン・ショック以来の事態が起こっている」と指摘した。その上で、データを踏まえれば「消費税は増税どころか減税すべきだという風に読める」と強調した。主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)前の5月20日をめどに提言をまとめ、安倍晋三首相に提出する。同日の会合には約30人が出席したが、増税延期派が大勢を占めた。提言では「減税」まで踏み込まない一方、再延期の方針は盛り込まれる公算が大きい。同時に、会合では財政再建についても議論を進める方針。政府は2020年度の基礎的財政収支(PB)黒字化目標を掲げているが、山本氏は「PBだけに執着する必要はない」とし、債務残高対GDP比にも着目すべきとの考えを示した。

http://jp.reuters.com/article/yamamoto-tax-idJPKCN0X22VQ?feedType=RSS&feedName=businessNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPBusinessNews+%28News+%2F+JP+%2F+Business+News%29
————————————-
過去、消費税増税によって、消費は下落するケースが大半です。今回の増税がその例外となるとは考えにくく、一方で増税延期が確かなものとなれば、日経平均に対し一定の値上がり効果があってもおかしくないでしょう。消費増税延期については今後も議論が尽くされ、その都度マーケットは上に下にと忙しい毎日を送ることになりそうです。

Pocket