Pocket

「投資を始めるには長い時間勉強しなくちゃいけない」「無理にやる必要もそこまで無いでしょ?」と考えている人も多いのではないでしょうか。

確かに知識が全く必要ないかというとそれは違います。ですが、投資をする必要がないのかというと、これからの時代はそう言ってもいられないかもしれません。

日本に住んでいる人なら一度は聞いたことがある「年金」。この年金は政府が運営しており、国民が高齢になった時にも安心して暮らせるようにするものなのですが、この年金が将来期待していたとおりの金額をもらえなくなる可能性が高くなってきているのです。それは年金の仕組みに問題があるからです。今の日本の年金の仕組みは、少子高齢化と相性が非常に悪いのです。

図1

少子高齢化とは子供の数が減りシニア世代の数が増えるという社会現象のことを言いますが、このまま若い人が減ってしまっては、一人当たりの負担が増えてしまうことになります。簡単にいうと一人の若者が支えるおじいちゃんやおばあちゃんの数が増えてしまうというイメージです。

一人の人間がそんなに多くのシニア世代を養えるはずもないのに、なぜ年金制度がここまで問題となったのかというと、
・昔の政府が予想していたよりも早く少子高齢化が進んだこと
・政府は何も手を打てないままにここまできてしまったこと
が原因として言われています。そしてこの年金問題を万事解決する抜本的な解決策は未だに見つからない状況にあります。

近いうちに年金制度が破綻する可能性すらある中で自分の老後を安心して過ごすためには、時代に即した生き方をする必要性があります。つまり、時代に合った生き方を考えなければ、安心した老後を送る権利を得ることが難しくなるかもしれないのです。

これからの時代、今までの常識が通用するということは難しくなってきます。会社で働いて銀行預金に貯蓄していくだけでは、資産を十分に増やすことは難しくなっています。株などの投資手段をポジティブに捉え、これからの時代は自分でお金を作る時代といえるでしょう。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket