Pocket

株式がどういう働きをしているかご存知ですか?

株式とは、自分の会社の事業をうまく進めるためにお金が必要な企業と、お金をできるだけ効率よく増やしたいと考えている人を結びつける働きがあります。ちなみに株券は以前までは紙でしたが、少し前に電子化され、株券を無くしてしまうという心配もなくなりました。

企業の株式を買った人のことを株主と呼びますが、その株主は株式を発行した企業の利益に応じて定期的に配当金がもらえるというメリットがあります。このことを専門用語でインカムゲインと言います。これは自分が働かなくてもお金がもらえるという不労所得と呼ばれるものです。

そして買った時の株式の価格よりも1株当たりの値段が上がっていればそれを売ることで得られる差額が株主の利益となります。これをキャピタルゲインと言います。例えば1株10,000円の株を買ったとしてそれが30,000円になった時に売ればキャピタルゲインは20,000円ということになります。

キャピタルゲイン
出典 証券会社資産運用.net

企業は株式を発行することで、得たお金を元手にして多くのビジネスを展開していきます。このとき企業が目指しているのは、将来性のある事業を始めて世の中の株主にアピールをして、利益を生み出し、その中から配当金や株主優待などのメリットや魅力を打ち出すことで自社の株を買ってもらい、多くの人から応援(投資)してもらうことです。

株式の価格が上がる理由は、多くの人が同じものを求めればその物の価値が上がる、需要と供給の関係から成り立っています。希少性の高いものの方が価値があるというのは宝石を思い浮かべれば分かりやすいかもしれません。そして株式の値段が上がるとメリットがあるという点において、企業と株主の利害関係は一致するということになります。そのため企業は業績を発表する義務があるのです。

株式のように、出資をしてもらい事業を拡大したい企業と、投資をしてお金を増やしたい人を結びつける働きをしているもののことを「金融商品」と言います。

株式はいくつもある金融商品の中の一種類です。ちなみにほかの金融商品には、投資信託、国債、社債、先物取引、FXなどが挙げられます。FXは正式には「外国為替証拠金取引」という名前が付いているのですが、FXの証拠金取引とは、運用したいお金を担保に差し入れて、個人は最大25倍までレバレッジをかけて取引をすることができます。つまり、少ない資本を元手に大きな取引が出来るというのが証拠金取引です。これらの金融商品は市場の動向により日々変化しています。

株式の場合、一度株式を買ってしまえば株価が上がるのを待って売れば利益が生まれるという「お金がお金を生む仕組み」ということになります。しかし株価がなかなか思い通りに上がらずマイナスになってしまい、株式を放置状態(これを俗に「塩漬け」といいます)になってしまい、最悪の場合、不祥事や業績の悪化で上場廃止となり、投資したお金がゼロになってしまうこともあります。

ここ最近で企業の株価で話題を呼んだのが、スマートフォンのアプリゲームで大ヒットとなった「パズドラ」(パズル&ドラゴンズ)を作った、ガンホー・オンライン・エンターテイメントという会社です。ガンホーは上場後にオンラインゲームのヒットでも有名になりましたが、その後、ヒット作が生まれず長らく株価は低迷していました。
パズドラがヒットする前、株価は約18万円でしたが、その後パズドラのヒットによって、1600万円を超す株価となりました。1年ちょっとの間におよそ16倍にもなったのです。

反対に、上場廃止で評価額がゼロになってしまった有名な企業は、ライブドアやスカイマークエアラインズなどでしょうか。例え企業の知名度があったとしても、不祥事や業績の悪化は起こりえますので、一つの会社や一つの金融商品に集中投資しすぎないようにすると良いでしょう。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket