Pocket

金融商品にはいくつかのリスクが伴うということはご存知ですよね。そしてそのリスクが大きければ成功した時のリターンも大きいですね。そのリスクには「流動性リスク」、「デフォルトリスク」、「インフレリスク」、「価格変動リスク」の4つがあります。これは株式投資を行う際の代表的なリスクです。

今回はその4つのリスクについて簡単に説明します。

 

・流動性リスク

「流動性リスク」というのは、現金を株式という形にしてしまうと、すぐに現金に戻すことができないリスクのことです。

これはリスクというよりもルール上のことですが、流動性のリスクとは、株式の売り手と買い手の動きに差が出たときに顕著に表れるリスクのことです。つまり株式の取引が活発に行われていないときには、売買が成立しないことがあり、希望する価格で売却が出来ないと言ったことがあります。

例えば、あなたの資金繰りがショートしてしまい、家の家賃や光熱費が払えなくなった際に保有している株式を現金に換えようと考えます。ですが、その時にあなたの持っている株式に興味を持っている人がいなければ売ることができません。これはあなたにとって大きな脅威ですよね。この脅威こそが「流動性のリスク」です。

 

・デフォルトリスク

この「デフォルトリスク」は金融商品の中でも銀行預金の場合に特に使われる用語です。これは、銀行の経営が行き詰まって破綻してしまうと、預けているお金は一定以上は返金されません。ペイオフ制度により元金最大1,000万円と利息までは保障されますが、1,000万円以上預けている金額と、それに係る金利は払ってもらえない(返ってこない)というリスクです。銀行預金の場合、このリスクを軽減するには、財務基盤や経営状態が安定している銀行選びが大切になってきます。

株式の場合には、企業が倒産をしても投資家に対してお金を返還する義務はありません。あくまで、投資をした責任は投資家に帰属しますので、企業は責任を負いません。その為、企業が倒産すると株式は紙くず同然になってしまいます。

 

・インフレリスク

インフレという言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょか。このインフレはインフレーションの略なのですが、物価がずっと値上がりしていく現象のことを言います。このインフレが原因で起こるリスクのことをインフレリスクと言います。

インフレリスクを理解するには「金利」「物価」「定期預金」という3つのキーワードを結び付けると理解しやすいかと思います。

例えば、100万円の軽自動車があったとします。免許を取って、1年後に軽自動車を購入しようと思ったあなたは、銀行で金利1%の定期預金を勧められて、100万円を1年間預けたとします。1年後には1%の利息がついて、101万円になりましたが、同時にインフレが進み、物価が上昇して、100万円だった軽自動車が105万円になってしまい、100万円で購入出来ると思っていた軽自動車を買う事が出来なくなってしまいました。

このようにインフレリスクは、時間の経過とともに、定期預金の金利よりも物価の上昇率が上回ってしまい、今までの価格で買えていたものが買えなくなるリスクのことをいいます。

 

・価格変動リスク

この価格変動リスクは、自分の買った金融商品の価値が下がるかもしれないリスクのことをいいます。これは株式などをイメージしてもらえばわかりやすいかと思います。

価格変動のリスクは「市場リスク」と「個別リスク」の2つに分けて考えることができます。

・市場リスク…市場全体の動きによって価格が変動すること

企業の業績やニュースによるものではなく、例えば自然災害や世界的な不況等といった、市場全体を影響させるリスクです。

・個別リスク…個別の企業が抱える問題によって価格が変動すること

個別企業の業績悪化や不祥事、倒産などに関係して価格に影響するリスクです。

 

例えば、リーマンショックのような世界的な経済ショックが起きた時は、個別企業の業績等は関係無く市場全体が冷え込み、株式が売られることになります。世界的な不況が経済全体を巻き込むことで、連鎖的に株式が売られて価格が下落します。これが市場リスクです。個別リスクは、業績の悪化や下方修正などの業績発表。企業の不正会計や不祥事など予期せぬ出来事で保有している株式が下落します。

 

・まとめ

金融商品には元本保証でない限り、必ずリスクが伴います。ただ、何も知らないで運用を始める人と、金融商品の特徴を理解している人ではリスクに対する備えが違ってきます。運用を始める前には、金融商品に対するリスクをきちんと理解して始めることが長く運用を続けていくコツとなりそうですね。

 

あわせて読みたい
投資の基礎~金融商品とは、「お金にお金を稼がせる」方法~
・投資の基礎~投資って必要なの?年金不安時代の資産の守り方~

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket