Pocket

[ニューブリテン(米コネティカット州) 18日 ロイター] – 米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は、米連邦準備理事会(FRB)は投資家の予想よりも速いペースで利上げする可能性があるとの認識を示し、投資家の米経済への見通しは悲観的過ぎるとの見方を示した。
総裁は、先物市場は今後数年以内に毎年1回の小幅利上げを想定しているが、これは的はずれだ、と指摘。現在米インフレ率は、FRB目標の2%に「ずっと近い」とし、米経済は「基本的に健全だ」との見方を示した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米国利上げについての高官発言が続々と発表されています。一般的に、利上げペースが早まると、それだけ米国経済は強いと認識され、ドルは買われる傾向になる一方、米国株式市場に対してはマイナス要因とも捉えられます。先般、著名投資家のビル・グロス氏が、今年1回か2回の利上げに止まるだろうと予想しているというニュースが駆け巡りましたが、FOMCメンバーを中心に強気・弱気の材料を出しながらマーケットの反応を伺っているようにも思えます。今後も米株や日本株を見る上でも、利上げペースに関するニュースは追いかけて行く必要がありそうです。

 

あわせて読みたい
・本日のマーケットハイライト ~どうなる米国利上げ回数?方針が二転三転 ~
・本日のマーケットハイライト~アメリカの景気は底堅い?イエレン議長の利上げに関するコメント~
・本日のマーケットハイライト~FRBは利上げを忍耐強く慎重に行うべき!?~
・【図解】金利って何?景気を左右する金利~理解すればもう恥ずかしくない経済の初歩~

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket