Pocket

金融商品には「直接金融」と「間接金融」の2つのカテゴリに分けられています。これは金融商品の取引の際に間に金融機関が介在するものと介在しないものに分けることができます。金融機関が介在しないものを「直接金融」と言い、介在するもののことを「間接金融」と言います。特に、直接金融に関しては責任の所在が投資家に帰属しますので、投資している企業が倒産した場合、全額還ってこない可能性があります。そのため「投資は自己責任」と言われます。

ここでは、直接金融や間接金融の特徴とどのような金融商品があるのかを簡単に説明します。

 

直接金融とは・・・

直接金融の主な金融商品は、株式と債券です。債券は国債や自治体が発行する債券、企業が発行する社債などがあります。

あなたがA社の株を購入することは、あなたがA社に対して出資をしたことになります。言い換えれば企業に力添えしているとも言えますね。社債の場合は企業に出資ではなく、お金を貸したことになります。

このようにあなたがどの企業に株式や社債で力添えしているかを把握できている場合は直接金融と言います。

 

間接金融とは・・・

間接金融とは銀行の預金のことと考えていただければ分かりやすいかと思います。

あなたが銀行に預金します。そして銀行は預ったお金を企業や個人に融資をして運用をしています(又貸し)。銀行は金利をつけて融資をしているので、融資先から利息を受け取り、あなたには預かった金額と期間によって利息を支払っています。つまり預けているお金は、あなたが銀行に貸しているということになります。そのお金をどの会社に対して投資するのかは銀行に預金したあなたは知らないですよね。

このようにあなたが貸し出したお金がどこに使われているのか分からない金融商品のことを間接金融といいます。

リスク図

金融商品の性格をしっかりと理解し利用する

直接金融よりも間接金融の方がリスクが小さいのですが、その分お金が増えるリターンも小さいということになります。実際に銀行に預金をしていても、微々たる利息しか貰えません。

ここでリスクとリターンのバランスをしっかりと管理することが大事になってきます。

 

株式や債券といった直接金融の商品はリスクが間接金融に比べ高いのに対しリターンも大きく期待できます。その時の失敗のリスクを最小限に抑えるために多くの情報をしっかりと分析するということが大事になってきます。

株は市場の動向に左右されますが変動の要因は多岐に渡ります。そのため自分の得意な分野の知識を広く身につけておくことが有効となります。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket