Pocket

平安時代中期に貨幣の発行が中止されてから戦国時代になるまでは、過去に造られた銅銭か、海外からの貨幣が使用されていました。そのため当時は貨幣に定まったルールがなかったようです。

日本で最初に金貨を鋳造するよう命令を下したのが武田信玄です。有名な「甲州金」と呼ばれる金貨は、高値がつくと現代でも300万円~700万円で取引されることもあるそうです。

戦国の武将たちは軍資金のために鉱山を開き、採れた金や銀を使って小判金をつくりました。これは、この頃に金や銀の精製の技術が広まったことと整合します。

時代劇などで良く見かける「大判・小判」ですが、日本で最初に大判金をつくったのは豊臣秀吉です。昔の金貨について、よく「十両の~」などと言われますが、これは金額を表すものではなく、重さを表しています。ほとんどの大判金はこの「十両」=165グラムとなっています。

それでは、最も高値がついている金貨はどんなもので、どのくらいの値段がつくのでしょうか。『古銭と紙幣』という本を参照にページをめくってみますと、「天正丸桐極印大判」という、これも豊臣秀吉がつくった代物、現代では4,000万円もの価値がつけられるとの表示がありました。

豊臣秀吉と大判金については、長い間存在が確認されなかった「太閤菊小判」が見つかったという逸話があります。こちらには、おそらく値がつけられないのではないのでしょうか。骨董品としても歴史的資料としても価値があるものですので、偽物も多いそうです。

では、骨董品としての大判金の価値はどう決めるのでしょうか。希少性もさることながら、同じ名の大判金ならばオモテ面にある「墨書き」の状態によりランクが決まります。造られたままの「墨書き」が「元書き」といわれて、もっともランクが上です。

次が、後の時代になって、しかるべきところで料金を払って「書き改め」たのが「直し書き」です。誰かがなぞって書いたのが「加筆」や「後書」などと言われランクが落ちてしまいます。

これは、近代の貨幣の評価と全く違う基準によるものです。本当に「骨董品」ですね。

あわせて読みたい
・【図解】紙幣って何?~お金の歴史を知ろう~
・「円」は明治時代にできた!~知っていると人に話せるお金の雑学~
・紙幣と硬貨の発行方法~知っていると人に話せるお金の雑学~

あなたのお金の偏差値を診断してみませんか?

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket