Pocket

[東京 20日] – 日本の経済政策が重視すべきテーマは生産性革命であり、特に非製造業分野での「岩盤規制」打破による競争促進が急務だと米ハーバード大学のデール・ジョルゲンソン教授は説く。また、生産性向上のためには、消費増税・投資減税を柱とする税制改革を進め、企業投資を促すことが有効だと主張する。
http://jp.reuters.com/article/opinion-dale-jorgenson-productivity-idJPKCN0XH0CG

----------------------------------------------------------

消費増税については熱い議論がなされています。安倍首相はじめ政府関係者は、報道では消費増税延期は考えていないと表明しています。一方で経済アナリストの間では、消費増税延期は景気の維持拡大・株式市場の安定させる観点からも必要不可欠との意見も少なくありません。世界的な経済の権威の意見がこのように明らかになると、さらに消費増税の実現の可能性は高まってきます。但し、まだまだどうなるかは分からず、二転三転して、その都度、相場へのインパクトは強まりそうです。

あわせて読みたい
・【図解】結局「いつ」「どれくらい」消費税が増税されるの?~5行でわかる消費税増税~

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket