Pocket

[27日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)は27日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25━0.50%に据え置くことを決定し、追加利上げは見送った。
FRBは経済見通しに対する信頼感を表明し、6月に利上げを実施する可能性に道を残した格好となったものの、声明では利上げは急がないとの姿勢も示した。

http://jp.reuters.com/article/fomc-instantview-idJPKCN0XO2H2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日のFOMCでは米国金利の利上げが緩やかになるとの見立てが明らかになりました。これを好感してニューヨークダウも上昇しています。米国の政策金利の引き上げが遠のくことで、ドル円為替は円高ドル安に傾きやすく28日の日銀の動向次第ではさらなる円高も誘発する可能性は少なくありません。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket