Pocket

「銀行の銀行」といわれる日本銀行が、各銀行に対しての貸付利子率を決めていた時代がありました。この日本銀行から各銀行への貸付利子率を「公定歩合」といいます。民間銀行の金利は公定歩合と連動するように決められていました。
しかし、それも昔のことです。現在はどうなっているのでしょうか。1994年10月の金融自由化で、金利を各銀行が自由に決められるようになりました。

 

それ以前は・・・、

日本銀行は公定歩合を上げたり下げたりすることで景気を促したり抑制したりしていました。

・景気が悪いとき(不況)→「お金を市場に流通させる」ために、金利を下げる。つまり、日銀が公定歩合を下げると、各銀行の貸付利子率が下がり、企業は資金を借りやすくなります。

・景気が過熱気味のとき(好況)→市場に流通しているお金が多くなっている、つまる、バブル傾向にあるとき、公定歩合を上げて、お金を借りにくくします。

 

そして、1994年10月から民間銀行の金利の自由化により、日本銀行は公定歩合を操作して景気をコントロールすることができなくなったのです。

 

ところで、金利には「短期金利」と「長期金利」があります。公定歩合による景気のコントロールができなくなった日本銀行は、「国債」を売ったり買ったりすることで、景気をコントロールするようになります。

短期金利の操作は「コール市場」と呼ばれる、金融機関同士のお金の貸し借りの時の利子率を上げたり下げたりすることによります。各銀行に国債を売ったり国債を買ったりすることで金利を調整しようとします。

では、国債と長期金利はどう関係するのでしょうか。「発行済み」の国債の売り買いの状況により、長期金利が(市場メカニズムによって)決まります。国債の額面に対する利率は固定されているのですが、国債が取引される値段は変動します。

だから、発行済みの国債の値段が上がると金利は下がり、発行済みの国債の値段が下がると金利は上がります。

 

いかがでしたか?通貨の流通で、景気を判断しコントロールすることを簡単にまとめてみました。

 

 

あわせて読みたい

・【図解】金利って何?景気を左右する金利~理解すればもう恥ずかしくない経済の初歩~
実は上場している!そもそも日本銀行って何?~良く分かる日本銀行と金融政策~

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket