Pocket

[仙台市 21日 ロイター] – 日米の為替認識の温度差に市場の注目が集まる中、21日午前に麻生太郎財務相と米国のルー財務長官が会談した。しかし、最近の市場動向が秩序立ったものかどうかについて認識の差は埋まらず、両国の主張は平行線をたどった。

今後の円高局面では、円売り介入の正当性をめぐって、日米の綱引きが再燃する可能性もある。

「秩序立った動きとは明らかに言えない」「無秩序と言うにはハードルが高い」──。日米財務相会談は、最終日の主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の討議前に行われたが、閉幕後の会見でも、両者は為替動向の評価をめぐって応酬を繰り広げた。

http://jp.reuters.com/article/g7-sendai-currencies-analysis-idJPKCN0YC0G8

----------------------------------------------

 

今般のG7、サミットで最も注目されているトピックのひとつに各国の通貨政策が挙げられています。日本のとってはやはりアメリカのコンセンサスが重要であるため、このような会談が注目されています。しかし、G7同様主張は平行線をたどったまま。今後もアベノミクスの柱でもあった金融政策による実質的な円安誘導は封じられた格好になってしまっているようです。

 

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket