Pocket

分散投資とポートフォリオを行うことは株の投資だけでなく、銀行に対しての預金や債券、投資信託などの金融商品を取り扱う場合にも非常に大切な基礎となってきます。

一つの株で利益を一気に上げようとするのではなく、いくつもの株で少しづつ利益を上げることで、トータルでの利益を大きく上げるという着実な方法が、投資で成功するための秘訣といわれています。

いくつもの株を持つことはリスクを低くすることにも繋がりますのでこの考え方は大事にしましょう。

 

・多様な金融商品でポートフォリオを作る

そして、分散投資をする際には種類の違う金融商品に投資することも重要です。つまり多様な種類の金融商品でポートフォリオを組むということです。

こうすることで更にリスクを抑えてリターンを追求することが出来ます。

安全志向で運用したいという方は、リスクの低い預金の割合を増やしたり、格付けの高い国債や社債を保有することでリスクを抑えることができます。ローリスクの商品であるゆえ、このような金融商品の保有割合が高くなると、大きなリターンを期待することは難しいです。

ここでの金融商品の割合の決め方が腕の見せ所という感じです。そして、その人の人間性も垣間見えてきます。

 

・投資に対しての考え方 ~資金配分の割合~

例えば、株式投資をする際に、ほとんどの人は、どの株式を買うかに重点を置くことが多いと思いますが、重要なことは、その株にどれだけの割合を配分するかということです。

運用資金の全体の何%をその株に配分するかが大切ということです。

つまりいくらづつ、その株につぎ込むのかが重要になります。これが利益をあげることが出来るのかを左右します。

株を始める際は、会社の情報をできるだけ多く集めることはもちろん、自分がすぐに動かせることのできるお金がいくらあるのかをしっかりと把握できていることが大切になります。

そのため、お金の管理は1円単位で細かく管理しなければなりません。

 

今回ご紹介したことを簡単にまとめると「どの個別銘柄に投資するのかを考える前にどの金融商品にどの割合で配分して投資をするのかを考える」ということです。これが投資の鉄則です。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket