Pocket

[ブラジリア 25日 ロイター] – ブラジル議会は25日、過去最大の財政赤字を見込んだ予算案を承認した。予算をめぐり対立すれば6月に政府機関が閉鎖される可能性があったが、法案が可決されたことで、テメル大統領代行率いる暫定政権は最初の試練を乗り超えた。

予算案は2016年の基礎的財政収支(プライマリーバランス)で1705億レアル(474億ドル)の赤字を想定。赤字は対国内総生産(GDP)比では2.75%。

http://jp.reuters.com/article/brazil-budget-idJPKCN0YG32B

 

----------------------------------------------

 

日本に入ってくるブラジルのニュースはとても少ないのが現状です。今後ブラジルが新興国として、更なる発展をしていけば世界経済への寄与度が増し情報が増えてくる可能性はあるのですが、やはり入ってくるニュースは多くなく、また最近は特に内容としてもネガティブな内容が多いようです。日本の個人投資家の多くが、その金利水準の高さにブラジル投資を積極的に行なってきましたが、足下のレアル安で多くの方が含み損を抱えてしまっていると言われております。やはり、投資には情報量が安定している投資先を考えるということもひとつの採用すべき要素なのかもしれません。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket