Pocket

金融商品の中でも債券の特徴についてしっかりと理解するということは投資でリターンを得るために必要不可欠なことの一つですので、債券の特徴とリスクをご紹介いたします。

ここでしっかりと学び、債券への投資に役立てましょう!

 

債券の特徴 3つのポイント

1.安全性 利子が保証されている

債券の安全性の根拠は利子が決まった分、定期的にもらえるという点です。

これは株式の配当に似ていますが、株式の配当は金額が変動するので多くもらえるときもあれば、企業の業績が芳しくない場合は少なくなってしまう恐れがあります。

この点においては株式より債券の方がより安全性が高いと言えます。

この安全性とはポートフォリオを作る際のリスクとリターンを考えるときに非常に有効に働きます。

 

2.収益性 売却益を期待することが出来る

債券の収益性については安く買って高く売ればその差額分がそのまま利益になります。

これも株と似ていますね。株も長期保有しなければ短期の売買でキャピタルゲインをもたらすことが出来る金融商品です。

債券自体はあまり価格変動はしない金融商品ですが、価格は市場金利の上下によって債券価格も上下に動きます。

・市場金利が上昇 ⇒ 債券価格は下落

・市場金利が下落 ⇒ 債券価格は上昇

A社が年率5%で発行した債券を100万円で購入した数年後、市場金利が下落し、A社は新たに年率2%の債券が発行します。このような時、保有している年率5%の債券の価格は、後から発行された年率2%の債券より価値が高いため債券価格は上がることになります。償還までの期間が長ければ長いほど、その分受け取れる利息も多いため、債券価格の価格も上昇します。

反対に、後発で発行された債券の利率が高い場合は逆の現象が起こりますので、債券価格は下落します。こればかりは買うタイミングの時に先のことは分かりませんので、債券価格が下がるケースでは市場で売却せず、償還を待ちながら利息を受け取ることが理想です。

 

 

3.流動性 満期前に売却することで換金できる

債券は満期まで保有していれば利息とともに元本も償還されますが、急に現金が必要な時など、換金する必要があった場合は株式と同じように売却することができます。

上記の通り、売却したいタイミングでの債券価格次第では損をしてしまうケースもありますので、その点は良く考えて売却する必要が出てきます。

売りたいときに売れるというのは自由度の高さとも表すことができます。ですが買いたいという人がいないと売ることはできないので、自由度にも制限があると考えればよいと思います。

 

 

そして、債券投資をする上で、こちらも理解しておきたい主なリスクをまとめてみました。

 

1.信用のリスク

債券というものは信用の上に成り立っています。 これは債券を発行した側が購入した側に対して定期的に支払う利子や満期で元本を返すという約束です。ですが、どんなに約束をしても守れないことはありますよね。

会社の場合、倒産であり、国家であれば経済破綻に陥ることであったりしますが、当初交わされた約束通りに支払いができないことを「債務不履行」といいます。(「デフォルトの恐れ」と表現されたりしますが「デフォルト」も同じ意味です)

そしてその債務不履行に陥る可能性があるという危険性を「信用のリスク」といいます。

 

2.価格変動のリスク

債券は購入した後、満期前に売却して現金に変えられるという性質を持っていますが、常に購入した時よりも債券の価値が上がっているとは限りません。信用リスクが発生した時には債券価格の価値が下がっているかもしれません。

また市場金利の動向によって、債券価格は左右される性質を持っていますので、債券価格が高い時に売却をしたい時は、金利が下落している傾向の時が理想です。

このように価格の変動によって生まれるリスクのことを「価格変動のリスク」といいます。債券の価格の変動の要因は金利の動きに影響を受けています。

 

3.流動性のリスク

債券を売って現金にしなければいけない状況に陥っても、あなたの債券を買いたいという人がいなければ、その債券を売ることはできません。

またあなたが自分の持っている債券を売りたい理由が債券の発行会社が倒産の危機に瀕しており、債券が債務不履行に陥るリスク(信用のリスク)がある場合、そのような債券を好んで買いたいという人は少ないです。

ですが、あなたと同じ会社の債券を持っている人もそうなる前に早く売ろうとするので、あなたの債券はなかなか売ることが出来ない状態になります。その間もあなたの債券の価値は下がり続けるので希望の価格で売れないかもしれません。

この価格の変動により売却することで損失を被るリスクのことを「流動性のリスク」といいます。

 

金融商品にはリスクが常に付きまといます。 しっかりとリスク管理することは計画的にお金を管理することにつながりますので、一つ一つのリスクをもう一度理解しておきましょう。

 

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

 

Pocket