Pocket

【ロイターより引用】

[ニューヨーク 14日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、円とスイスフランが上昇した。英国の欧州連合(EU)離脱懸念を背景としたリスク回避姿勢が一段と強まり、安全通貨を買う動きが鮮明になった。

円がユーロに対して3年余りぶりの高値を付け、ポンドに対しても3年ぶり高値に迫る場面があった。スイスフランも対ユーロで一時3カ月ぶり高値となった。

英世論調査でEU離脱支持派の優勢が続いているほか、英国最大の発行部数の大衆紙サンが、読者に23日の国民投票で離脱票を投じるよう促す記事を掲載した。

このためポンドやユーロは売りが活発化。ポンド/ドルGBP=は一時2カ月余りぶりの1.4093ドルに下落し、ユーロ/ドルEUR=も軟化した。
スコシアバンクのチーフ通貨ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、ボラティリティーの急激な上昇でポンドに対するヘッジコストが極めて割高化しているとともに、国民投票の実施日前後を期日とするポンドのオプションは流動性がまったくない状態だと指摘した。

その上で同氏は、それでもまだポジションカバーが必要な投資家にとっては、スポット市場でポンドやユーロをドルもしくは円に対して売り持ちにするのが理にかなうし、恐らく今は最も現実的なヘッジ手段だとの見方を示した。

終盤のユーロ/円EURJPY=は1.0%安の118.84円、ドル/円JPY=は0.2%安の106.05円だった。

ドル/円は、5月米小売売上高がしっかりした内容と受け止められたことで下げ幅が縮小した。市場参加者によると、15─16日の日銀金融政策決定会合を前に105.50円付近が強力な下値支持線として存在し、日本の当局が介入を再開するとみなされている100円ちょうどを試す動きが抑えられている。
英国のEU離脱が決まれば円の逃避買いがさらに活発化すると予想される中で、日銀が16日に円押し下げを狙った追加緩和を決めるかどうか市場では意見が分かれている。

ドル/円 NY終値 106.10/106.13

始値 105.88

高値 106.17

安値 105.84

ユーロ/ドル NY終値 1.1206/1.1210

始値 1.1220

高値 1.1240

安値 1.1189

http://jp.reuters.com/article/ny-forex-yen-idJPKCN0Z02O8?pageNumber=2

----------------------------------------------

【アナリストの着眼点】

日本円及び、スイスフランが足下上昇しています。過去大きな株式の下落や、景気の後退時に安全な通貨とされる日本円とスイスフランが買われることが多く、また同じ様にゴールド(金)が買われる傾向もあります。

多くの投資家が、英国のEU離脱問題等不透明感が増している市場に対して、リスクを回避する動きが強まっていることが言えるのではないかと一般的に言われています。

このように市場に傾向として現れる、カナリアのように動くものを見ながらリスクを観測して行くことも大事なのではないでしょうか。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket