Pocket

【ロイターより引用】

[ワシントン 15日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)は15日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利の据え置きを決定した。ただ、労働市場は再び力強さを増すとの見方を示し、年内2回の利上げを実施するとの姿勢は維持した。

同時に公表した経済見通しでは2016年と17年の成長率予想が前回3月公表の見通しから下方修正されたほか、FRB当局者の金利見通しではメンバー17人のうち6人が年内の利上げ回数は1回にとどまると予想。前回は1回との予想を示したのは1人だけだった。

イエレンFRB議長はFOMC後の記者会見で「長期的に金利がどこに向かっているのか、われわれにはよく分からない」と述べ、次回7月の会合にも利上げが実施されるのか、より多くの経済指標が発表される9月会合までまで待つのか、手掛かりは示さなかった。

ただ労働市場については「最近の労働市場データが失望を誘う内容となったが、1─2カ月分の指標に過剰反応しないことが重要だ」とし、FRBは労働市場は引き続き力強さを増していくと予想していると指摘。また、英国が欧州連合(EU)を離脱すれば世界的な金融市場に影響が及ぶとし、英国によるEU離脱(ブレグジット)問題が今回のFOMCでの決定に影響を及ぼした要因の1つであったとの認識も示した。

今回のFOMCでの金利据え置きは予想通り。前回唯一反対票を投じたジョージ・カンザスシティー地区連銀総裁は今回は賛成に回り、全会一致での決定となった。

FOMC声明は「4月の連邦公開市場委員会(FOMC)以降に入手した情報は、労働市場の改善ペースが鈍る一方で(the pase of improvement in the labor market has slowed)、経済活動の拡大は加速しているように見える(growth in economic activity appears to have picked up)ことを示している」と指摘。

ただ「失業率は低下したが、雇用の拡大は弱まった(job gains have diminished)」との認識も示された。

ウェルズ・ファーゴ・ファンズ・マネジメントの首席ポートフォリオストラテジスト、ブライアン・ジェイコブソン氏は、「利下げせずに最大限のハト派姿勢を示した」と指摘。「カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁も反対票を撤回した。金利軌道の見通しが引き下げられ、大きなハト派シグナルとなった」と述べた。

http://jp.reuters.com/article/fomc-keeps-rate-idJPKCN0Z128F

----------------------------------------------

【アナリストの着眼点】

今回のFOMCの米政策金利の維持決定はほぼ予想通りと言えます。今月23日に行なう英国EU離脱を巡る国民投票を控えており、米国景気はもとより世界景気に不透明感があるため利上げは見送られるとの意見が濃厚でした。しかし、年2回の利上げの姿勢はやはり崩さず、対円為替レートでも105円の半ばを大きく下回ることは免れたと言えます。米大統領の選挙と利上げスピードこそが、近年、米国景気を占う上で最もインパクトのあるトピックだと言われており、来月のFOMCまでにまた様々な憶測が流れることは間違いなさそうです。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket