Pocket

【ロイターより引用】

[ブリュッセル 28日 ロイター] – ドイツのメルケル首相は28日、英国が欧州連合(EU)離脱という国民投票での決定を覆す可能性はないとの考えを示した。

EU首脳会議に参加しているメルケル首相は、キャメロン英首相との話し合いは「真剣だが友好的だった」と説明。

英国がEU離脱決定を覆す可能性を問われると「決定を覆す道はないと断言したい」と述べ、「希望的観測を語るときではない」と語った。

また、国民投票の結果に憤っても意味はないとし、欧州が現実に向き合い、対処する必要性を強調した。

http://jp.reuters.com/article/eu-britain-merkel-idJPKCN0ZE2ZN

----------------------------------------------

【アナリストの着眼点】

イギリスのEU離脱を巡る国民投票後、その対応について世界が注目しています。キャメロン首相は後任へ交渉を任せるとし、一方EU側は早期の交渉開始を臨んでいます。マーケットでは一般的に不確定要素を嫌い、確定要素として織り込まれている場合は次の材料を探す傾向にあります。そのような意味では、交渉開始が後ずれすればするほどこのイギリスのEU離脱の問題は尾を引く可能性が高いと言わざるを得ません。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket