Pocket

英語で貨幣を意味するpecuniaの語源はギリシャ語で家畜を意味するpecusにあります。

とりわけ、ギリシャ時代には「雄牛」が「価値の尺度」として用いられました。ギリシャで造られた金属貨幣に雄牛の刻印があると言われています。

 

紀元前600年頃には、すでに金属でできた貨幣があったと推測されています。

金属貨幣は、重さによって価値が決まります。

例えば、ポンド(ヤード‐ポンド法での質量の単位)は重さで貨幣単位が表記されています。

こういった場合、問題になるのは純度です。

従来、金額と重さは一致していました。

ところが、1ポンド(イギリスの貨幣単位)=12オンス(イギリスの重さの単位)という約束を破って、粗悪な貨幣を造ってしまうイギリスの君主がでてきます。ヘンリー8世です。銀貨1ポンドに3オンスしか銀がはいっていなかったそうです。後の16世紀に、エリザベスⅠ世が、これを回収し悪貨を改鋳します。

この時、「悪貨が良貨を駆逐する」という言葉が生まれました。

良貨(ex.1ポンド=12オンス)と悪貨(ex.1ポンド=3オンス)が流通した場合、良貨はしまいこまれ悪貨が流通する、ということです。

これは、悪貨の回収等を提案したイギリスの財務官・グレシャムの名をとって「グレシャムの法則」と呼ばれるようになります。

 

  • ローマ時代の貨幣単位ライブラ(リブラ)

このlibraは、主に、ヨーロッパ諸国に引き継がれていきました。

イタリアやトルコではリラ(Lira)として、フランスやスイスではリーブル(Livre)として、イギリスではポンドとなります。

  • マルク

マルク(ドイツ)は、ドイツの発祥の地であるガウル地方のラテン語に由来すると言われています。

  • フラン

1360年にフランスで造られたコイン、このコインをfranceと言いました。franceはゲルマン民族の一部族の名で、ローマ帝国が滅亡した後にフランク王国を建てたのです。

 

様々な地域で使われていた貨幣の成り立ちには、その土地の風習や伝統が盛り込まれています。貨幣が流通することは、その貨幣を造った国が信用されていて、その国の君主に権威があることの証明にもなっているようです。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket