Pocket

将来、年金がきちんともらえるのか心配な時代です。だからこそ、中長期を見据えた資産運用を始めたい!と思う方も多いのではないのでしょうか。
中長期の投資には、投資信託(およびETF)がオススメです。
そこで、投資信託とは何か、投資信託の特徴や魅力を理解し、投資信託の基礎知識を身につけましょう。

 

1.投資信託の特徴や魅力

投資信託はファンドとも呼ばれ、

・大勢の人からお金を集め、
・そのお金を元手に、専門家(ファンドマネージャーとも呼ばれます)が、
・国内外の株式や債券、不動産など様々な商品に投資して運用する

商品です。投資・運用によって収益が生じたら、投資家へ還元されます。
なお、ETFとは、上場されている投資信託のことですので、広い意味では投資信託の1つと言えます。

04_01_01

 

① 株式に投資するってどういうこと?

大雑把に言えば、株式とは会社の”所有権”を細かく分けたものです。株式を得ることは、会社のオーナーとしての権利を手に入れることになります。株式を100%全て集めると、その会社の100%オーナーということになります。株・個別株・個別銘柄などと言われることもあります。株価とは、その1株式の価値を表すものです。株式は、投資家の間で売買されており、株価は日々、変動します。

株式は、投資しても元本が保証されませんが、その分、株価の値上がりや配当などのリターンが期待できます。主に株式に投資する投資信託を、株式ファンド、株式投資信託などと呼びます。

 

② 債券に投資するってどういうこと?

債券とは「お金の借用証書」で、簡単に言えば借金と同じ性質のものです。国がお金を工面するために発行する債券を「国債」、会社が発行するものを「社債」と呼びます。債券は「借用証書」ですので、原則は元本が保証されています。債券に投資をすると、金利を一定期間ごとに受け取ることができます。主に債券に投資する投資信託を、債券ファンド、債券投資信託などと呼びます。

株式と債券

 

③ 不動産に投資する(REIT)ってどういうこと?

REITとは不動産投資信託(Real Estate Investment Trust)の略で、リートと読みます。不動産を運用し、賃料収入などの収益を投資家へ還元する商品です。不動産を購入するにはお金がかかるので、多くの投資家から少しずつお金を集め、まとまったお金で投資するという投資信託の仕組みはマッチしやすいと言われています。

 

その他、金や原油など、少し変わった商品に投資する投資信託もあります。このように、金融商品にはたくさんの種類が存在し、その特性を理解し、自分に合ったものを選び、適切に投資をするというのは難しいことです。

投資信託では、プロ(ファンドマネージャー)が専門知識や経験に基づいて投資先を選び、うまく投資を行ってくれます。そのため、投資の初心者や、時間がない方、少額から投資を始めたい方が気軽に投資できるというのが投資信託の魅力です。

2.投資信託のメリット

 

■ 少額から投資することができる

株式投資や債券投資には、ある程度まとまった資金が必要となります。例えば株式投資の場合、最低売買株数というのが設定されていて、100株単位や、1,000株単位でしか購入できないという制約があります。そうすると、例えばB社の株価が1株1,000円であったとしても、最低でも100万円の資金が必要になる、という事態が発生します。

ただし、投資信託は「多くの人からお金を集める」システムで、基本は10,000円程度から投資が可能となるため、少額で投資を始めることができます。

■ 分散投資をすることができる

例えば、あなたの貯金を全額使い、A社の株式だけ購入していた場合、A社の業績が悪化したり、倒産したりしてしまえば、あなたの資産はゼロになってしまいます。

投資の基本は、資産をいくつかの商品に分けてリスクを分散させる「分散投資」です。分散投資とはいくつかの商品にわけて投資を行うためリスクが分散できますが、自分自身で分散投資を行うと相当な額の資金が必要となってきます。しかし投資信託では投資家からの資金をまとめて大きな資金として運用しているため、少額でも様々な金融商品に分散投資ができ、リスクが軽減されます。

 

■ プロであるファンドマネージャーに運用を任せることができる

自分で投資を行うなら、自分でマーケットや景気動向を調べる必要がありますが、分析力も知識も必要で、大変です。まして、仕事などで忙しい方や、投資の分析があまり好きではない方にとって、これは大きな問題です。
投資信託は、経済・金融に関するプロであるファンドマネージャーが、あなたの代わりに運用を行い、しっかりと投資を管理してくれます。つまり、一度投資をすれば、あとは基本的に放置しておいても良いのです。プロに任せると必ず投資に成功する、ということではありませんが、何もかもをご自身で行うよりも、堅実である可能性が高いと言えますし、四六時中マーケットを見る必要もなく、面倒な手続きも必要ありません。さらに個人では買うことが難しい海外の株式や債券など特殊な金融商品への投資もすることができます。

■ 透明性が高い

投資信託にも”決算”があります。他人である投資家からお金を集めて運用するので、きちんと運用されているかなど、決算ごとに監査法人による監査を受けています。そのため、透明性が高く、安心して投資をすることができます。

3.投資信託の歴史

 

中世のイギリス(12~13世紀頃)の「ユース」と呼ばれる仕組みが投資信託の起源の一つと言われています。
その当時、戦死した人の土地をその子供が相続する場合、国王や領主に税金を支払う必要がありました。税金は高額であったため、その負担を避けるべく自分の財産の管理を他人に任せるようになりました。

例を挙げて説明します。

Aさんはこれから戦争に行くことになりました。戦死する可能性もあり、自分の土地は子供であるBさんに残したいものの、多額の税金が課せられるので、自分の土地を信頼のおける知り合いのCさんへ譲ります。そして土地の管理をCさんに任せ、その土地の収益を子供のBさんに渡してもらうように依頼したのです。

仮にAさんが戦死しても、土地の持ち主はCさんになっているため、子供のBさんが相続する必要はありません。そのため税金を支払うことなく土地の収益を受け取ることができます。この仕組みがユースです。

このユースの仕組みが応用され、19世紀に入るとお金を増やす投資の手段として活用されるようになり、「投資信託」が誕生しました。さらにイギリスからアメリカへも伝承し、「投資信託」はますます発展します。日本には1950年代に初めて登場し、現在に至っています。

 

あわせて読みたい
・投資信託って儲かるの?リスクの軽減が儲かるカギ!?
・投資信託は一つじゃない!国内外の株式、債券をちゃんと知っておこう!
・投資信託のしくみや株式投資との違いを徹底リサーチ!
・セールス担当の話だけを鵜呑みにして大丈夫?投資信託、口座開設から解約までの手順を紹介!
・分配型と再投資型はどっちがオススメ?投資信託の初心者にオススメのファンドはこれだ!

 

投資信託を活用し、中長期的に資産形成を目指すサービスができました

Pocket