Pocket

分配型?再投資型?どちらがいいの?投資信託を始めたいけれど、どのような銘柄を選ぶのがいいのでしょうか?分配型と再投資型の違いは何か、初心者向けの銘柄は何を選べば良いのか、中級者向けにはどのような銘柄が良いのかを理解していきましょう。

 

1.分配型と再投資型の違い

 

投資信託では、毎月や毎年など、決まった時期に分配金を受け取ることができます。その分配金の受け取り方法には2種類あり、「分配型」と「再投資型」が選べます。投資信託を購入する際に選択しますが、分配型、再投資型と表示されてはおらず、分配型は「一般コース」、再投資型は「自動継続コース」と表示されていることもあります。

 

① 分配型

「分配型」は、決算ごとに分配される分配金をそのまま受け取ることができます。分配金が出ると、自動的にあなたの口座に振り込まれます。分配型の投資信託では、ある意味ボーナスのような感覚で分配金を受け取ることができます。最近では年に1回、2回などではなく、毎月分配金を受け取ることができる「毎月分配型」の投資信託もあります。毎月分配金を受け取れるので、生活費の足しにしたり、ちょっとしたお小遣いとして使えたりもできます。

しかし分配型には注意点があります。

投資は複利効果を活用する方が大きな資産へと育てることができます。ところが、分配型はリターンが出ても分配金として投資家へ返還してしまうので、再投資型ほど資産を増やすことはできません。

また、運用がうまくいっている時であれば問題ないですが、その状態がずっと続くわけではありません。運用がうまくいかず失敗をしてしまうこともあります。そういった場合は、元本を切り崩して分配金を出すこともあるため、パフォーマンスが悪化してしまう投資信託もありえるのです。

 

② 再投資型

再投資型は、分配金が出ると、その分配金でまた自動的に投資信託へ投資するコースです。分配金というリターンがさらなるリターンを生むので、雪だるま式に資産が大きくなることが期待できます。
さらに、長期で運用すれば、複利の効果を最大限に発揮できるため、長期運用を考えるなら再投資型がオススメです。

 

複利のリターン

2.分配型と再投資型どちらが良いのか?

 

分配型と再投資型、どちらの方が良いのかというと、ずばり「再投資型」です。分配型と再投資型では、長期になればなるほど大きな差が出ることになります。以上のように、「複利の力」を活かした投資は、資産額を大きく育てる効果があります。そして、それは投資が上手くいく(=元本割れせず利益を出す)確率を高めることになるでしょう。

 

複利と単利の差

 

3. 初心者向けの銘柄、中級者向けの銘柄とは?

初めて投資信託を始めるのにいきなり「ハイリスク・ハイリターン」な投資信託に手を出すのは危険かもしれません。まずは「ローリスク・ローリターン」のものから始めることをオススメします。ローリスク・ローリターンなものと言えば、債券投資信託が最適と言えるでしょう。

債券は株式に比べて価格変動リスクが小さく、安定的に増やすことができます。債券は定期的に利息収入があり、また満期を迎えると元本は戻ってくるという性質ものもです。ですので、債券に投資する投資信託の方が、株式に投資する投資信託よりも相対的に「ローリスク・ローリターン」と言えます。

一方、投資信託の経験があったり、株式投資や債券投資等の経験がある方には、ある程度リスクとリターンのバランスを見極めた投資を検討するのも良いでしょう。債券投資信託よりもリターンが期待できる株式投資信託や、REITなどもオススメです。

 

 

投資信託を活用し、中長期的に資産形成を目指すサービスができました

Pocket