Pocket

投資信託を運用すると手数料が発生します。購入手数料や信託報酬ってどれくらいかかるの?ノーロードってなんだろう?投資信託で発生する手数料について詳しく理解し、コストを抑えた投資信託選びをしていきましょう。

 

1. 投資信託手数料~購入手数料~

「購入手数料」とはその名の通り、投資信託を購入する時に発生する手数料のことです。「販売手数料」とも呼ばれ、販売会社へ支払います。手数料率は購入価格の0~3%程度で、それぞれの投資信託によって上限は決まっており、目論見書で確認ができます。上限までの範囲内であれば、販売会社が自由に手数料を設定できるため、同じ投資信託であっても販売会社によって手数料率が異なることがあります。また証券会社、銀行、郵便局といった対面販売よりも、ネット証券のほうが購入手数料は安く設定されています。

購入手数料は、投資信託の購入金額とは別に支払う場合と、そうでない場合があります。

① 購入手数料3%で100万円の投資信託を購入したとすると、3万円(3%分)を差し引かれた97万円が投資金額となる場合
② 購入手数料3%で100万円の投資信託を購入したとすると、3万円(3%分)を上乗せした103万円を支払う場合

購入手数料が高いと、それだけ効率の良い資産運用が難しくなります。購入したい投資信託を取り扱っている販売会社を比較し、少しでも販売手数料の安い販売会社を見つけることが効率よく資産運用するためにはとても大切です

投資信託の中には販売手数料が全くない(=0%)の投資信託もあります。これを「ノーロード投資信託」と言います。

■ ノーロード投資信託とは

ノーロード投資信託は、購入手数料が無料の投資信託を言います。「インデックスファンド」という、日経平均株価やTOPIXなどの指数と同じような動きをするように作られている投資信託に多く見られます。購入手数料が無料ですので、投資家にかかる負担が少なくなります。ただし、購入手数料が無料という点だけで判断をするのは拙速です。投資信託には購入手数料のほかにも信託報酬や信託財産留保額といった手数料がかかってきます。ノーロード投資信託の中には、購入手数料は無料でも信託報酬が高いケースもあります。投資信託ごとに、必要となる手数料をきちんとチェックしておきましょう。

 

2. 投資信託手数料~信託報酬~

信託報酬とは、投資信託を保有している間、運用会社・販売会社・信託銀行に報酬として支払っていく費用のことです。信託報酬とは、投資信託の運用・管理などにかかる費用で、投資信託の中から毎日支払われていきます。手数料率は投資信託によって差があり、一般に0.05~3%程度(年率)が保有している投資信託に対してかかります。

  • インデックスファンドは信託報酬が低く、アクティブファンドは信託報酬が高い傾向があります。
  • アクティブファンドは利益を積極的に追及するため、投資信託を構成する銘柄の組換え・リサーチなどにコストがかかります。そのため信託報酬が高くなるのです。

購入時手数料は販売会社によって異なる場合がありますが、信託報酬は販売会社での違いはありません。信託報酬が高く設定されていると、そのれだけ投資信託で得た利益が減っていくことになります。信託報酬は目録見書で確認することができるため、投資信託を購入する前にきちんと確認しておきましょう。

 

3. 投資信託手数料~信託財産留保額~

信託財産留保額とは、投資信託を解約する際に、換金するために発生する費用です。購入手数料や信託報酬のように、運用会社や販売会社に支払うのではなく、投資信託を換金する時の必要経費として負担する手数料のことです。

投資信託は、投資家から集めた資金を、色々な株式や債券に投資して運用しています。投資信託を解約するということは、株式や債券を売却して換金する必要があります。株式や債券を売却するためには手数料が発生します。

この費用を、残って投資信託を保有し続けている投資家たちだけで負担をするのは不公平が生じます。そこで、投資信託を解約し、換金する投資家にも負担してもらうのが信託財産留保金というわけです。

また、投資家に頻繁に解約をされてしまうと安定的な運用ができなくなり、運用する側にとっても悪影響です。そのため短期売買をなるべく少なくし、運用を安定させるという意味でも信託財産留保金制度を取り入れています。信託財産留保金制度を取り入れているかどうか、手数料率はいくらか(一般に0~0.5%程度)は、投資信託によって異なるため、目論見書で確認をしておく必要があります。

手数料

 

あわせて読みたい
資産運用を始める人へ① 投資信託の特徴、魅力、歴史を知り基礎知識を身につけよう
資産運用を始める人へ② 投資信託はどうやって運営されているの?
資産運用を始める人へ③ 投資信託は一つじゃない!投資信託の中身をきちんと知っておこう
資産運用を始める人へ④ 分配型と再投資型はどちらがオススメ?投資信託の初心者にオススメのファンドはこれ!
資産運用を始める人へ⑤ セールス担当の話だけを鵜呑みにして大丈夫?投資信託、口座開設から解約までの手順を紹介!
資産運用を始める人へ⑥ 投資信託の税金について徹底調査!
資産運用を始める人へ⑦ 目論見書って何?投資信託を購入する際に確認しておきたい目論見書のチェックポイント
はじめよう資産運用 ~なぜローリスクハイリターンってありえないの?~

 

投資信託を活用し、中長期的に資産形成を目指すサービスができました

Pocket