Pocket

【ロイターより引用】

[ロンドン 14日 ロイター] – 英紙サンデー・タイムズは14日、欧州連合(EU)からの離脱手続き開始に向けた英政府の準備が遅れているために、英国のEU離脱(ブレグジット)が少なくとも2019年後半まで遅れる可能性があるとの見方を伝えた。

英政府の複数の閣僚と話したロンドン市当局者が同紙に明らかにした。

メイ首相は先に、離脱交渉に向けた準備期間が必要だとして、年内は離脱手続きを開始しない方針を示している。離脱交渉を開始するためにはEU基本条約(リスボン条約)第50条の発動が必要で、発動後は2年以内に離脱交渉を完了させなければならない。

サンデー・タイムズ紙によると、閣僚らは、政府は「かなり混乱」しているため、50条が2017年初めに発動される可能性は低く、「発動は2017年秋までずれ込む可能性がある」とみている。

首相報道官は50条発動時期の先送りについて問われると、「首相は、政府の最優先課題はEU離脱という英国民の判断を実現させ、ブレグジットを成功させることだと明確にしている」と述べた。

http://jp.reuters.com/article/britain-eu-timing-idJPKCN10P0YO

----------------------------------------------

【アナリストの着眼点】

ブレグジット交渉の準備が予定より遅れているとの内容の記事です。これが、マーケットにどのような影響を及ぼすのでしょうか。おそらく、今後の選挙次第で他のユーロ諸国が加盟条件の見直しを行なう際の一つの手本とブレグジットは見られている訳ですが、このように交渉が慎重に進むので急激な経済の変化には及ばないと見ることができるという見方も有りますし、一方それだけ問題が複雑化するのでやはり経済には悪影響を及ぼすと見る見方もできます。最終的に、ブレグジットが欧州経済ひいては世界経済にどのような影響を及ぼすかは、今後の結果を良く確認する必要がありそうです。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket