Pocket

【ロイターより引用】

[マドリード 17日 ロイター] – スペイン中銀は17日、6月の公的債務が過去最高の1兆1000億ユーロ(1兆2400億ドル)となったと発表した。経済省によると国内総生産(GDP)比で100.9%に相当するといい、2016年の目標を大幅に上回っている。

スペインは公的債務を年内に、GDP比99.1%にすることを目標としている。2015年末時点では99%だった。

経済省は、今年の目標達成はまだ予定通りだと主張。6月のデータについて「季節要因による変動が大きかったことを考慮する必要がある」と述べ、「これを念頭に置けば、公的債務の拡大は2013年以降、引き続き鈍化している」との見方を示した。

http://jp.reuters.com/article/spain-economy-debt-idJPKCN10S0TE

----------------------------------------------

【アナリストの着眼点】

欧州の銀行のストレステストでイタリアの金融機関の脆弱性が公表され、スペインの金融機関も同じく脆弱性を指摘されていいました。ギリシャショック以降、南欧諸国の金融機関の脆弱性や、国家財政の脆弱性も幾度となく指摘されています。今回また、スペインの財政の脆弱性を再確認するニュースが舞い込んできました。公的債務がGDPの100.9%と過去最悪の状態に陥ってしまったとのニュースです。昨今市場ではやや、楽観論が支配しているとも見る事はできますが、ひとたびマーケットで悪材料として取り上げられると直ぐにでもマーケット心理は悪化します。このようなニュースは今後も留意する必要がありそうです。

 

あなたの人生のために、安全に資産を増やせるサービスができました

資産運用AIアドバイザー「 VESTA(ベスタ)」 ご覧ください
https://vesta.onl/

Pocket