Pocket

投資信託を購入する時に発生する購入時手数料。購入時手数料がかからないノーロード投資信託って何だろう?投資家にとってどんなメリットがあるのだろう?今回はノーロード投資信託に注目し、理解を深めていきましょう。

 

1. ノーロード投資信託って何?

ノーロード投資信託は、購入手数料が無料の投資信託です。投資信託を購入する際には1~3%程度の購入手数料を販売会社へ支払うことがありますが、その手数料が無料となっており、お得な投資信託です。購入手数料が発生するのか、ノーロード投資信託で手数料がかからないのかは投資家にとって大きな違いが生まれます。

例えば、購入手数料が3%かかる投資信託を100万円で投資したとします。100万円には購入手数料が含まれているので、100÷(100% + 3%)≒97万円が投資できる金額となり、3万円は購入手数料として販売会社へと渡ることになります。そのため、100万円で投資を始めたはずなのに、投資スタート時点で既に97万円に減少してしまいます。

元々、購入手数料は投資信託を販売する証券会社、銀行、郵便局の窓口で商品の説明を投資家にする代わりに手数料を支払ってもらう仕組みとなっていました。しかし今はネット証券が普及し、投資信託の販売が全てインターネットで行えるようになったため、対面窓口のようなコストを削減することができ、販売時手数料のかからないノーロード投資信託が多くなりました。

対面式の証券会社ではノーロード投資信託の取り扱い本数はとても少ないですが、ネット証券で取り扱っているノーロード投資信託の数は500本以上もあり、対面式の証券会社に比べるとかなり多くなっています。特に楽天証券では今までは購入手数料のかかっていた投資信託をノーロード投資信託に変えるなど、ノーロード化を進めています。

 

2. ノーロード投資信託のデメリットは?

ノーロード投資信託は購入手数料が無料となっているため「安くてお得」なイメージが強いですが、必ずしも安くてお得だとは限りません。投資信託は購入する時だけでなく、換金をする時(信託財産留保額)、投資信託を保有している間(信託報酬)、手数料がかかってきます。そのため購入手数料だけで安くてお得と判断するのは早いのです。

【Aファンド】
購入手数料…3%
信託報酬…1%

【Bファンド】
購入手数料…0%
信託報酬…3%

上の二つの投資信託を比べてみると、投資信託を購入した1年目の実質コストは「Aファンド4%」、「Bファンド3%」のため、Aファンドの方がコスト高に、ノーロード投資信託であるBファンドの方が低コストになります。

しかし、2年目になると、信託報酬が積み上がっていくので、2年トータルのコストは「Aファンド5%(3% + 1% + 1%)」、「Bファンド6%(3% + 3%)」となり、Bファンドの方がトータル的にコスト高になってしまいます。

このように購入時のお得さに惹かれ、信託報酬に目を向けずにいるとトータルコストが高くなってしまう可能性があります

ただ、ノーロード投信は一般に信託報酬も低いものが多いので、そこまで心配しなくても良いかもしれません。

 

3. ノーロード投資信託の取り扱いが多い証券会社は?

日本では米国に比べてノーロード投資信託が少ないと言われていましたが、ネット証券の普及でノーロード投資信託の取り扱い本数が増えています。これからノーロード投資信託の取扱本数が多い証券会社をいくつか紹介します。ノーロード投資信託を始めたい方はこれらの証券会社を参考に、まず口座を開くことから始めてみましょう。

■ 楽天証券
ノーロード化を進めているため、今後も銘柄が増える可能性があります。初心者や中級者でも銘柄が探しやすいように工夫されており、楽天ポイントが取引でもらえるため便利です。

■ SBI証券
口座開設数はネット証券の中でNo.1です。初心者向けの解説を行うページも有り、投資信託初心者でもわかりやすく人気があるネット証券です。

■ カブドットコム証券
投資信託や株式投資などの購入は初心者でも選びやすく購入しやすいものになっています。投資信託の種類も豊富に有、ノーロード投資信託はもちろん、毎月少額かつ積み立てのできる投資信託の取り扱いもしています。

 

あわせて読みたい
資産運用を始める人へ① 投資信託の特徴、魅力、歴史を知り基礎知識を身につけよう
資産運用を始める人へ② 投資信託はどうやって運営されているの?
資産運用を始める人へ③ 投資信託は一つじゃない!投資信託の中身をきちんと知っておこう
資産運用を始める人へ④ 分配型と再投資型はどちらがオススメ?投資信託の初心者にオススメのファンドはこれ!
資産運用を始める人へ⑤ セールス担当の話だけを鵜呑みにして大丈夫?投資信託、口座開設から解約までの手順を紹介!
資産運用を始める人へ⑥ 投資信託の税金について徹底調査!
資産運用を始める人へ⑦ 目論見書って何?投資信託を購入する際に確認しておきたい目論見書のチェックポイント
資産運用を始める人へ⑧ 購入時手数料?信託報酬?投資信託でかかる手数料を徹底調査!!
資産運用を始める人へ⑨ 投資信託の実質コスト~隠れコストって何?投資信託にかかる実質コストとは?
はじめよう資産運用 ~なぜローリスクハイリターンってありえないの?~

 

投資信託を活用し、中長期的に資産形成を目指すサービスができました

Pocket