Pocket

現在、海外への投資が大きな注目を集めていると言われています。これは、実は外国のお金を持つことに対する規制が緩和されたことが理由の一つにあります。

規制が緩和され、個人が海外に投資する機会が増えてきているのです。
海外投資は国内投資と異なり、様々なメリットがあります。しかし、その特徴をしっかりと理解し、海外投資のリスクを認識しなければ期待通りのリターンを得ることは難しくなってきます。それどころか予想外の損失を出してしまうことも考えられます。

そこで今回は、海外投資のメリットと、投資をする際の注意点についてご紹介します。

 

1. 海外投資のメリット

 

1.「分散投資」によりリスクの軽減ができる

「分散投資」とは、複数の金融商品に投資を行うことで、リスクを分散しながら利益を上げようという考え方です。

海外へも投資するものを「国際分散投資」と言います。

例えば国内の株と海外の株を両方持っていたとします。この国際分散投資の良いところは、例えば国内の株価が下がっても、海外の株価が上昇すれば、うまく損失を限定することができるかもしれない、という点にあります。

 

2. 海外の金利は国内よりも良い場合が多い

日本の金利は、近年歴史的な低水準となっており、今後すぐに上昇する兆しは見えていません。しかし、海外( 特に新興国)は日本の金利よりも高金利なところが多くあります。

為替レートを考慮しない場合、日本の銀行に預けている預金を海外の銀行に移すだけで、金利分だけ得をする可能性もあります。

 

3. 為替差益を期待できる

海外投資を行う場合には、為替相場が大きく関係します。為替レートが円安になった時に外貨から日本円に換えれば為替差益を得ることができるかもしれません。円高の時に海外投資をし、円安の時に日本円に戻すと、円ベースでは得をすることになります。

 

 

2. 海外投資をする際の注意点

 

1.為替リスクについて

海外投資をする際に最も大事なこのが「為替リスク」です。

これは、為替相場の変動によって投資額の価値が減ってしまうリスクのことです。

例えば円で言えば、先ほどの為替差益とは逆の場合に起こります。つまり、海外資産を日本円に戻す際に、海外資産を買った時よりも円高になっていると損をしてしまうということです。

 

2.カントリーリスクについて

カントリーリスクというのは、投資する国の情勢が変わることで損失を被るかもしれないというリスクです。

特に海外の新興国に投資をする場合に注意が必要です。具体的には、その国の財政破綻や内戦、外資規制などが考えられます。

 

3.為替手数料について

意外としっかりと理解しなければならないのは為替手数料です。

これは日本円を外貨に替えたり、外貨を日本円に替えたりする際にかかる両替の手数料のことです。かなり高い手数料を取られることもありますので、注意が必要です。

 

4.信用リスクについて

これは債券を発行する海外の公的機関や企業が、財政悪化や経営不振を理由に事前に決められた利息などを払うことが出来なくなるというリスクです。投資をする前にきちんと投資先の情報を調べることが大切です。

 

 

以上のように、海外投資には様々なリスクが存在しますが、このようなリスクを受け入れることで、海外投資の様々なメリットを享受することが出来るのです。

このような海外投資のリスクをきちんと認識した上で投資をすることが大切です。

 

あわせて読みたい

【図解】円高・円安ってどっちが経済に良い・悪いかピンときますか?~すぐ分かる為替の影響~

知らないと損する投資の基礎。”安全だから円が買われる”はウソ!!3分でわかる”今なぜ円高なのか?”

 

投資信託を活用し、中長期的に資産形成を目指すサービスができました

Pocket