Pocket

為替相場は常にリアルタイムで変動しています。では、なぜ為替相場は変動するのでしょうか。外国為替市場は参加者が多いため、様々な思惑が入り込み、為替相場の変動を予測することは難しいですが、代表的な変動要因をご説明致します。

 

1. 好景気による上昇

まず、景気が拡大している国の通貨の価値は上昇します。これは他国と比較して非常に景気が良いという状況を指します。これとは逆に景気が低迷し、企業の業績が低迷している国の通貨は値下がります。これは、景気が良い国には皆が投資をしたがるからです。好景気の国で株を買ったり、直接投資をしたりして儲けたいのです。そして、そのためには、外貨をその国の通貨に両替する必要があります。つまり、その国の通貨の需要が増えるので、通貨高を招きます。

不景気の際には、その国から投資を引き上げるので、逆に通貨安になります。

 

2. 高金利による上昇 

日本国内の金利が他国と比べて相対的に高水準になると、円の需要が増え円高になります。これには大きく分けて2つの理由があります。

 

a.資金運用面

まず1つ目は、外国人投資家からの円の需要が増えるからです。金利が上昇すると、預貯金や各種債券の金利も上昇するため、外貨と比べて日本円で資金運用する方が利益を見込めます。そのため、外国人投資家が外貨を円に両替し、円高になるのです。

 

b.資金調達面

2つ目に、日本企業が海外で資金調達をするようになるからです。高金利の国では、銀行からの貸付金利も高いですし、社債の利息も高くなります。つまり、資金調達コストが上がるのです。そのため、企業は金利の低い国で安く資金調達をします。そして、海外で調達した外貨を日本円に両替するので、日本円の需要が高まり、円高になるのです。

 

逆に金利が低下すると、投資家はもっと高金利の国の外貨を持っていた方が利益を見込めるため、円を外貨に両替します。海外企業も金利の低い日本で調達した円を自国通貨に両替します。そのため円の需要が減り、円安になるのです。

 

3. 財政赤字の深刻化による下落 

財政破綻が懸念されている国の通貨は暴落することがあります。

国の収入よりも支出の方が多い状態のことを財政赤字といいますが、それを埋め合わせる方法があります。個人が借金をするのと同じように国も借金をします。それが国債の発行です。

この国債を発行すること自体は問題ありませんが、返済出来ないほどの国債を発行し続けるのは国の信用問題にもつながってきます。もし、国が国債を返せないデフォルト状態になると、政府が機能不全になり、その国の経済は大混乱に陥ります。その国へ投資をしていた資金は回収が出来ないでしょう。そのため、債務不履行(デフォルト)の懸念がある国の通貨は需要が減るのです。

実際に1998年にロシアがデフォルトした際には、ロシア・ルーブルの為替レートはわずか数ヶ月で4分の1以下になりました。

 

4.政情不安による下落

国内で紛争や戦争、そしてテロなどが起き、社会情勢が不安定になっている国の通貨は下落します。投資家は、そのような国に投資をしても投資を回収できる見込みが少ないため、資金を引き上げようとします。それはその国の通貨を売って外貨に替えることを意味するため通貨安になるのです。また、そのような社会情勢が不安定な国の政府はクーデター等が起こる可能性も否定出来ず、既存の自国通貨が突然使えなくなる恐れもあります。そのため、自国通貨の需要が減り、外貨の需要が高まるのです。

 

このように、為替相場の変動要因は様々なモノが考えられます。海外へ投資をする際には、その国の国内情勢や金融政策をしっかりと分析してから投資を決定させることが大事になってきます。

 

 

あわせて読みたい

【図解】円高・円安ってどっちが経済に良い・悪いかピンときますか?~すぐ分かる為替の影響~

知らないと損する投資の基礎。”安全だから円が買われる”はウソ!!3分でわかる”今なぜ円高なのか?”

 

投資信託を活用し、中長期的に資産形成を目指すサービスができました

Pocket