Pocket

サラリーマンを中心に不動産投資が注目されています。一棟買いや区分所有などさまざまな投資方法がありますが、そもそも不動産投資とはどのようなものなのでしょうか?メリット・デメリットを踏まえてご説明します。

1. 不動産投資の特徴

まずは不動産投資によって得られる2つの利益についてご説明しましょう。
不動産投資で得られる利益には2種類あり、1つは「インカムゲイン」、そしてもう1つは「キャピタルゲイン」です。
インカムゲインとは不動産から得られる賃料収入を指します。例えばみなさんがマンションを購入してそれを人に貸した場合、毎月賃料が入ってきますよね。これがインカムゲインです。一方でキャピタルゲインは不動産を売却して得た収益を指します。もっとも長期的な視野で不動産を所有する方が多い為、インカムゲインが発生することはあまりありません。
不動産投資で得られる利益は確実ではありません。投資した不動産から多くの賃料収入を得ることができる場合もありますし、逆に借り手が見つからずに思ったように賃料収入が得られなくなることもあります。不動産投資に限らずですが、常にリターン(=投資が成功した場合の見返り)ばかりではないのです。一般的には、「リスク」と「リターン」はある程度比例するといわれています。
不動産投資の場合、賃料の下落や投資物件の空室リスク、不動産の価格下落などのリスクを伴っています。しかし、基本的には土地がある限り資産価値がゼロになるという可能性は極めて低いといえるでしょう。このようなことから不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」と一般的には言われています。

 

2. ここが不動産投資の魅力!

不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」ということがわかりました。では、他の投資商品と比べて不動産投資の魅力とは何なのでしょうか?

1.収入が安定している
不動産投資の一番の魅力のひとつは、場合によっては毎月安定的な収入を得る可能性があるということです。他の投資商品は、毎月分配金を受け取れるという商品はあまりありません。株式投資の多くは半年に1度もしくは1年に1度が多く、業績によっては配当が受け取れないという場合もあります。銀行預金に関しても、毎月利息が受け取れるわけではありません。不動産投資は、入居者が決まれば退去までの間は毎月収入を得ることができます。

2.売却利益を得られる
毎月の安定収入も魅力の1つですが、投資物件を売却することによって利益を得られる可能性もあります。景気が良くなると不動産価値が上昇します。不動産の価値が上がったときに売却することによって、売却利益を得られる可能性があるのです。

3.事業への関与が可能
不動産投資は、他の投資と違って自分自身が不動産の賃貸事業経営に関与することが出来るという点が魅力の1つです。不動産物件の選定、取得、賃貸事業経営、物件の売却にいたるまで、自分自身の判断によって行うことが出来ます。まずは、アドバイスを受けるための不動産会社(アドバイザー)を選ぶ際に、優秀なアドバイザーを選ぶことが重要になってきます。物件購入の際の価格交渉、賃貸管理運営のための管理会社の選択なども全て投資家自信の判断で行うことが出来るのです。このように、自らが事業にかかわり利益を上げることが出来るのです。

不動産投資にはリスクは伴いますが、投資家がプロのアドバイスをもとに自らも関与しながら投資が出来ます。毎月安定した収入を得る事が出来、投資家の工夫次第で収益を上げることが可能な魅力的な投資商品なのです。

 

投資信託を活用し、中長期的に資産形成を目指すサービスができました。

Pocket