【ブーヤー vol.10】投資初心者が損害を埋めるために逆張りをしてみた件

Pocket

とある2月末のこと。僕は普段読まないのに家の近くの本屋さんで立ち読みをしていた。

 

そう、この間リンク&モチベーション社の株を買って損をした。だからもう少し株について学んでから投資しようと考えたのである。

 

実はあの損をした後、「初心者のための~」と「サルでもわかる~」みたいな初心者でも理解できそうな投資本を少し読んだりするようになった。

 

本を読む中で僕は一つだけ、印象に残ったもの(それ以外は難しくて活用できるほど頭に入ってこなかった)がある。

 

それは、株の価格は変動するため、その株価が下がって安くなったときに株を購入し、上昇のピーク時に売却するのが理想であると。

 

・・・・・

 

まぁ、それが正確に当てられるなら、今頃自分の全財産を投資して、億万長者にもなっとるがな。

 

っていう本音はさておき、

 

ただこのごくごく当たり前の理論を読んだときに、僕には稼げそうなある戦略を思いついていた。

 

それは

 

(※もっと良い画像はたくさんあったけど、ネットで無料で漫画っぽい画像に編集できたのでどうしてもやってみたくなりました。笑)

 

これだけでは「?」となっている人も多いことだろう。

 

そこで、僕がひらめいた戦略を順序立てて解説したいと思う。

①まず、個別株式のその日の値下がり率ランキングを見る

②ランキング内の個別株のチャートを見て、普段はより高い株価で安定しているのに、その日に株価が下がっている個別株を見つけて購入する

③株価が普段の値段くらいに戻った際に売却

④①~③を繰り返す

(注)どう考えてもしばらくは株価が上がらなさそうなニュースがないかだけはチェックする(例)トランプ大統領が規制対象とした業界など?

 

これって意外と稼げそう!

ただ、不安なのでグーグル大先生に頼って、こういう投資スタイルは上手くいくのか調べてみることに。

 

すると、グーグル大先生曰く、僕がしようとしている投資方法は「逆張り」に近いということが分かった。

 

逆張りとは株価が下がりきってそろそろ反発するだろうというタイミングで購入し、反発が終わって最も高くなったときに売る方法のことみたい。

 

ちなみに株価が下がりきったと思っても更に下がることもあるので、一般的に「逆張り」は「ハイリスク・ハイリターン」であるようだ。

 

また、株価の上昇を待つ必要があるため、短期投資には向いていない模様。(就活がそろそろ忙しくなって、投資どころじゃないからちょうどいいかも)

 

調べ続けていると、下がりきったタイミングを推測するのに使える方法があるみたいだが、英語とカタカナだらけの説明だったので諦めてとりあえずは僕なりにやってみたいと思う。

 

見る限りあながち間違っていないっぽいしな。

 

そしてこの間の損益を埋められる可能性があるのは大きい

たまには強欲に行こうではないか(笑)

 

 

ということで、実際にやってみようではないか!

 

例のごとくSBI証券アプリの起動

 

 

早速、いつも通り開いた途端にランキングページが開かれる

ただこのままだと値上がり率でのランキングなので、値下がり率に変更。ポチっとな。

 

 

僕の予算(最大5万円)で買える個別銘柄を探していく。

お、いいの見つけ!

 

・REMIX(100株で31,000円程度)

なるほど。いろいろなシステムを開発しているのか。

前新聞で仮想通貨は今後発展していくとか書いてあったし、この会社の株価は上がる気がするゾ。

 

オンキヨー(100株で15,500円程度)

うーん。基本的に音響を作っているのか~。名前の通りだな(笑)

個人的に音響システムにこだわるの好きだから、もっともっとオンキヨーさんには頑張ってほしいな~

応援する意味を兼ねて、投資しようかな

 

一時間くらいいろいろな企業を比べた結果この2つの銘柄が良さそう。

この2つなら同時に買っても5万円以内なので、両方買おうかな。リスク分散になりそうだし。

ということで、ポチっとな。

 

更に続けてポチっとな。

 

購入してやったゾ。

 

これは比較的先を見た投資だし、気長にやろうかな。

 

次回はこの後どうなったか、報告します~

 

まだ売っちゃうかは分からないけどね!

お楽しみに!

 

※ 本記事内の画像は、SBI証券アプリ(HYPER株)から引用しています。


投資信託を活用し、中長期的に資産形成を目指すサービスができました

Pocket