Pocket

ファイナンシャルプランナーをしている株式会社FP-MYS代表 工藤崇です。この度、News Vestaにて相続や不動産についてコラムを書くことになりました。つい後回しにしてしまう家庭内のお金の悩みなど、スタッフがよく受ける相談を元にお届けするフィクションコラムです。

 


 

現在年金は毎月納めた決まった額を納めて、老後になると納付した「期間」に合わせて、その時の現役世代が納付した年金保険料から年金を受け取る制度です。(専門用語では、これを賦課方式といいます)。全員が加入する国民年金と、会社員を中心に加入して上乗せで保険金を受け取る厚生年金があります。ところが、最近の年金不安にて、更に上乗せで保険金を運用する制度が注目されています。これは確定拠出年金と呼ばれます。

 

 

Q:最近よく耳にする確定拠出年金って?

A:確定拠出年金とは、DCと呼ばれ、保険金を自身で「運用」するものです。毎月の保険料(拠出金)が仮に1万円あるとすると、株や投資信託などに掛け、1万1000円にすることができます。その一方で掛けた対象が値下がりし、9,000円になってしまう可能性もあります。この部分は自己責任であり、この運用結果は老後に受け取る保険金に反映されます。

確定拠出年金は、企業型と個人型の2種類があります。企業型は会社が出したお金の「運用」を任せられること。個人型は自分で年金保険料を拠出し運用をすること。企業型のみの投資商品、個人型のみの投資商品があるものではありませんが、年金を運営している期間によって投資できる年金商品にも違いがあります。

 

 

Q:勤務先が確定拠出年金に加入する、といわれたときに覚えたいことは?

A:企業型の場合は、自身で判断して確定拠出年金に加入するものではありません。勤務先からあたらしく確定拠出年金制度を導入するからといわれ、投資先の選択を任されます。投資が「好き」な人であればともかく、投資なんて経験もないし不安だという人にとっては心配のタネ。そして投資結果が自分の年金額に反映されると聞けば、正直なところ不満もたまります。

 

 

そこで、勤務先が確定拠出年金に加入するからといわれたとき、「最低限」考えたいことを考えてみましょう。

 

(1) 自分は投資においてどのようなタイプを考える

投資、と一言にいっても様々なタイプがいます。最低限の年金(元本)を守りたい人、日経平均やTOPIXくらいの上下幅であれば許容できる人、どんどんリスクをとってリターンを狙いにいきたいベンチャー魂満載の人。このように、自分が投資においてどのようなタイプなのかを分析しましょう。確定拠出年金の商品の具体的な特徴はわからなくても、自身の「投資傾向」がわかることで投資傾向を絞ることができます。

 

(2) 確定拠出年金のほかに老後資金の準備はしているかを考える

確定拠出年金のほかに老後資金の準備をしているか、も大切です。公的年金の予想受取額はどのくらいか、これは日本年金機構から定期的に送られてくる「年金定期便」で確認することができます。このほかにも、終身保険はどのくらいか、会社から退職金はどれくらい貰えそうかを確認するようにしましょう。

老後において安定した生活をするには、月30万円は必須ともいわれています。自身は確定拠出年金にどれくらい期待をしなければならないのか。それは投資商品の選択にも大きく関わってきます。

 

(3)住宅ローン返済や教育費の状況を考える

最近は会社の定年を迎える(一般的には)60歳以後になっても、住宅ローンの返済や教育費の負担をしなければならない家計の相談を受けます。そのお金が必要な場合は、確定拠出年金も見込まなければなりません。前項と重なりますが公的年金受取予想額や終身保険の受取額と合わせ、(いま支払っている)返済の終了時期はどれくらいなのか、を予定立てておくようにしましょう。

 

今後も注目される確定拠出年金。会社がはじめたけどよくわからないではなく、まずは最低限の準備を進めて、時間をかけて自分のものにしていくことが大切ですね。

 


どうやって投資したら良いか分からない?
そんなあなたには《無料》資産運用アドバイザー「VESTA」がおすすめ。

資産運用AIアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket