Pocket

賢くお金を貯めたいと考えて預貯金をしても、利息はほんのわずかです。そんな中、注目されているのが『債券』です。債券投資は比較的低リスクにも関わらず定期預金より高利回りである魅力的な金融商品です。今回は債券投資についてご紹介します。

 

1.高利回りの『債券』って何?

債券とは、国や地方公共団体、企業などが一般の投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行するものです。つまり、株式と同様に資金調達をするために発行するものですが、違いとしてはあらかじめ利率や満期日などが決められている点です。債券は主に発行主体によって分類することが出来ます。代表的な債券として以下のものがあります。

a.債券の種類

国債・・・国が発行

地方債・・・地方自治体が発行

社債・・・企業が発行

CB(Convertible Bond)・・・株式に転換できる権利が付いている社債。株価上昇局面で転換すれば利益が出るし、債券として満期保有し利子と元本を受け取ることも出来る。

外国債券・・・海外の国や自治体、企業など発行主体が海外法人である債券。また、外貨建てで発行される債券や海外市場で発行される債券のことも指す。外債について詳しく知りたい方はこちら。

 

他にも様々な種類の債券があります。

 

2.債券のメリット

では、債券投資にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まずはメリットの方から見ていきたいと思います。

a.利付債であれば、定期的に利子を受け取れる

債券は発行主体で分ける方法だけでなく、利子の受け取り方で分けることも出来ます。その観点で見ると、債券には「利付債」と「割引債」の2種類があります。利付債とは、最初の購入時に払った額面金額が満期時にそのまま受け取れ、定期的に利子を受け取れる債券です。半年に一度利子を受け取れることが多く、日本で発行される債券はこの利付債が多いです。定期的に利子が受け取れるため人気が高いです。

一方、割引債は利子を受け取る代わりに、最初に額面価格から利子を割り引いた価格で購入し、満期時に額面価格を受け取れる仕組みになっています。利子を同一債券に再投資していることになるため複利効果が期待できます。

 

b.満期保有すれば、額面金額を受け取れる(元本保証)

債券は、国、企業、自治体など債券の発行主が破綻しない限り、原則として満期日に額面金額の返金が約束されている安全性の高い金融商品です。満期はだいたい2年~10年のものが多いですが、満期日を待つこと無く、途中で売却することも可能です。満期保有の場合は元本保証であるにも関わらず、同じく元本保証の定期預金よりも利回りが高いのは大変魅力的です。

 

3.債権のデメリットについて

a.債券価格の変動

債券価格は日々変動しており、途中で売却する際は元本割れを起こす可能性もあります。ちなみに債券価格は金利動向に主に左右されます。割引債をイメージして貰えば分かりやすいのですが、利回りの上昇は債券価格の下落を意味し、利回りの低下は債券価格の上昇を意味するからです。

 

a.デフォルトの可能性

いくら元本保証型とはいえ、それは債券を発行する国や企業が順調なうちでの話です。もし発行する国や企業(発行体)が破綻してしまうと、債券の額面価格が返金されないかもしれません。そのため、債券を購入する前には、発行主体の経営状況、財務状況をしっかりと調べる必要がありますが、そうは言っても個人の方が発行主体の財務健全性を調べるのには限界がありますし、外国債券となると一層厳しいものがあります。そこで、発行主体の健全性を調べる簡単な方法を2つご紹介します。

1つは、格付けを確認することです。

格付けとは、「S&P」や「ムーディーズ」と呼ばれる格付け機関が付けているもので債券の安全性を示したランクです。アルファベットで表されAAAが最も高い格付けです。

 

2つ目は市場での債券価格をチェックすることです。発行主体の倒産リスクが高まるほど債券価格が下落し、利回りが高まります。リスクの高い債券ほど、利回りの上昇という形でリターンが高まるということです。つまり、利回りが高い債券ほどデフォルトのリスクが高い債券だと言えます。そのような高利回り債券をハイイールド債と呼ぶこともあります。

 

3.初心者にお勧めは、国債

これまで債券全般のことを紹介してきましたが、結局どの債券を買えばいいの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。そこで、初心者の方にお勧めなのが「個人向け国債」です。これは政府が発行している債券で、「変動金利10年型」「固定金利5年型」「固定金利3年型」の3種類があります。いずれも1万円から、全国の証券会社や銀行、郵便局で買うことが出来ます。現在、メガバンクの定期預金金利が0.01%ほどである中、個人向け国債は最低利率保証の0.05%で運用が出来るためお勧めです。

 

是非資産運用の選択肢に債券投資も入れてみてください。

 

あわせて読みたい

はじめよう資産運用~債券の特徴とリスクを理解しよう~

はじめよう資産運用~リスクヘッジの代表例 分散投資の手引書~

 

投資信託を活用し、中長期的に資産形成を目指すサービスができました

Pocket