Pocket

VESTA Voiceは、News VESTAのスタッフが日ごろ受けた株式投資の相談を元にお届けするフィクションコラムです。

 

友人
うーん。思い切って手を出してみるか?(ブツブツ)
スタッフ
ちょっと、なんかブツブツ言ってて気味悪いんだけど。つぶやきシローにでもなっちゃったの?
友人
何でそうなるんですか!古いし(笑)
スタッフ
そんだけブツブツ言ってたらそう思っちゃうでしょう。
友人
まあ、それに関しては僕が悪かったかもしれませんが。
スタッフ
で、何をそんなにブツブツ言ってたの?
友人
えーっとですね。株式投資をしようと思ってるんですけど外国の会社なんですよ。これから伸びそうなんですけど外国だから日本と違って何かあったら変なことになるんじゃないのかなと思って。
スタッフ
お、外国株に手を出すんだ。目の付けどころがシャープだよ。
友人
何か返しづらいんですけど、それ。
スタッフ
いやいや、実際に外国株は投資先にもよるけどいいと思うよ。
友人
え!そうなんですか!!やっぱ僕って投資の天才なんだな。
スタッフ
そのポジティブさの方が返しづらいんだけど。
友人
外国株ってそんなにいいんですか?
スタッフ
外国株=良い投資にはならないけど、お勧めできるポイントがあるのも事実だよ。
友人
へー、どんなところですか?
スタッフ
数えたらきりがないけど大まかに2つほど挙げるね。

・成長が期待できる企業が多いこと
・化ける可能性がある

だね。

友人
何となくわかるような、分からないような…。

 

スタッフ
まず、「成長が期待できる企業が多いこと」だけど、外国の企業には成長が期待できる企業も多いんだ。Amazonなんて、これまで4~5年ほど株価は登り調子だったんだよ。投資するなら成長が期待できる良い企業の方がいいよね?
友人
たしかに外国に目を向ければ投資の選択肢は格段に増えますよね。
スタッフ
次に、「化ける可能性がある」だね。これはベンチャー企業に多いね。例えばアメリカだと株価が何倍にもなった例があるんだ。例えば2012年に上場したFacebookは、2017年現在、上場した頃の4~5倍の株価になっているよ。
友人
それって市場規模が大きくて、グローバルに展開しやすいことも関係しているんですよね?
スタッフ
いい所に気づいたね。流石は目の付けどころがシャープな友人君。
友人
誉められてるんだけど、何か嬉しくない(笑)
スタッフ
こんなところかな? とはいえ外国株を運用するために、まずは国内で投資に慣れておきたいよね。
友人
時間が足りなそう…
スタッフ
そうとは限らないさ。例えば、いま流行りの人工知能を活用したAIツールにサポートしてもらうとかね。
友人
え!?なんですかそれ。
スタッフ
そしたら、これを見てみようか。

将来は外国株に挑戦したい!そんなあなたに
《無料》資産運用アドバイザー「VESTA」がおすすめ。

資産運用AIアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket