持ち続けていたベクターを売る時が来た!【Moet 14章】

Pocket

こんにちは!

前回は大和証券のセミナーで勉強した株価分析の方法をみていこうということで、

まず初めに予想EPSと株価の関係を詳しくみてみたMoetです♪

 

今回はその続きといきたかったのですが、、、

さがりっぱなしで持て余していたベクターの100株

ついに、ついに動きをみせました!!!

そこでいったん株価分析はおいて、それを見ていきたいと思います。

 

ことは5/23の15:00ごろ起こっていました。

私はその「こと」が起こっていることを知る由もなく、、、

デイトレーダーではないので、チャートにかじりついてることはないです。笑

16:00少し前。

そういえばマーケットしまったな。ちょっと確認してみるか。

どうせ今日もベクターに動きはなくマイナスのままなんだろうな~

 

ん?!

いつも赤字で書いてある評価損益合計が黒字で表記になっている、、、

はて、なんでだ、、、

(この1か月赤字を見慣れてしまい、黒字がバグっていると勘違い)

チャートを見てみました。

 

 

?!?!?!?!?!

前日と比べて71円の急騰!びっくり!!!

495円の終値でした。

 

損切りすることなくずるずるきたものの、果たしてこのままベクターの株はあがるのか、未来が見えず諦めかけていました。

中には5000円近くのマイナスを出した日もあり、何度損を出してでも手放そうと思ったでしょうか、、

しかし!!!今日!ついにプラス!!!

いや~うれしいですね(o^―^o)

しかも5000円近くのプラス。

今まで耐えた甲斐がありました、本当に。

その日はマーケットがすでに締まっていたので、500円の指値で売り注文に出して次の日を待ちました。

 

5/24、9:30をまわったころ、約定のお知らせ。

44700円で買った株、50000円で売れました、ほくほく。

ですが、なんとそれからも株価は上がり続けています。

早く売りすぎたかなぁ。

 

うまくいったのでつい、欲がでてきました。

ここでもう一度買って、しばらくチャートを見ていてあがりきったところで売れば、さらなる利益がうめるのでは?!

もう一度100株を507円で約定。

523円の24日の高値になったところで売ろうと試みたところ。

 

 

エラーで注文が出来ない!

いったいどういうことなんだろう。

松井証券のHPで調べてみました。

日計り取引(ループトレード)

ネットストックでは、同一銘柄(同一資金)での現物株式の日計り取引(ループトレード)が可能です。ただし、差金決済に該当する場合は、当該取引の株式買付代金相当額を拘束(「ループトレード拘束金」の発生)することがあります。

差金決済は法令で禁止されているため、お取引できません。差金決済とは、受渡日に買付代金、または売却有価証券の提供を行わずに、反対売買の差金により決済することです。証券会社が株式取引の差金決済を受付けることは、信用取引を除いて法令で禁止されています。(松井証券HPより)

 難しい。
要は、ベクターを売ったお金で買った新しいベクターの株は、その日のうちに売れないということか。
法令で禁止されてるんだ。
知らなかった。
思わぬ罠にはまりました。
そんなことをしている間にベクターどんどん急落、、、
果たして明日まで持つでしょうか。不安で仕方ないです。
次回はなぜベクターが急騰したのかについて探っていきたいと思います!
今日の収支
現物買(ベクター) 50865
現物売(ベクター) 49427
残金 5456

*画像は松井証券HP、画像ACより使用しています。

*一部松井証券HPより引用しています。

*この記事には正確ではない情報も含まれている可能性があります。


株式投資をしてみたいけど、銘柄選びの時間も無い?
忙しいあなたには、無料で使える資産運用のロボットアドバイザー「VESTA」がおすすめ。

資産運用AIアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket