Pocket

VESTA Voiceは、News VESTAのスタッフが日ごろ受けた株式投資の相談を元にお届けするフィクションコラムです。

友人
はー(ため息)
スタッフ
どうしたの?そんなに深いため息ついちゃって。
友人
いえ、給料がまるっきり上がらなくて、もうイヤでイヤで。
スタッフ
給料上がらないのは友人君の能力のせいじゃない?
友人
いや!そんなことはないですよ!こう見えて仕事はしできるほうなんですよ!
スタッフ
なるほどね。だったら副業とかやったらどう?
友人
いやいや、副業やる時間はないですよ。
スタッフ
ふーん。だったら投資はどう?
友人
いやー、でも仮に儲けたら会社にバレちゃうかもしれないじゃないですか。
スタッフ
なんだよ。何でもかんでも否定から入っちゃって。ダメよ~ダメダメかよ。
友人
何か懐かしいですね。そのネタ(笑)
スタッフ
要するに会社にバレなくて、副業ほど時間を取られないやり方じゃないとってことね。
友人
ワイルドだろ~
スタッフ
ワイルドじゃないぜ~。まあ、それなら株がいいんじゃない?
友人
え?でも株だって儲けたら、なんやかんやでバレるんじゃないんですか?
スタッフ
あいまいだな(笑)まあ、バレることはそりゃあるさ。何も株だけじゃないけど。
友人
でしょ?でもどうしてバレるの?
スタッフ
まあ、バレるルートは主に2つかな。1つは周りからの告げ口、2つ目は住民税だね。
友人
1つ目は自分が気をつけるとして、住民税でバレるってどういうことですか?
スタッフ
株で利益が発生すると収入が上がる。当然申告義務があるから、住民税も上がる。ここまではわかるよね?
友人
そりゃまあ、それくらいはわかりますよ。
スタッフ
じゃあ、社内で同じ給与テーブルの人と比べて自分だけ住民税が高かったら?
友人
なるほど!それでバレるんですね。でも住民税は給与天引きだからどうにもできないし。やっぱり株はダメよ~、ダメダメですね。
スタッフ
ひょっとして今さらマイブームになってる?
友人
ネタ振ったのそっちからじゃないっすか(笑)
スタッフ
まあ、株の場合は源泉徴収ありの特定口座にすることで回避できるんだ。
友人
特定口座?なんですかそれ?
スタッフ
簡単に言うと自分で損益の計算をせずに証券会社がやってくれる制度だね。源泉徴収あり・なしを選べるけど、ありを選ぶと証券会社が住民税や所得税を差し引いてくれる。株の儲けから引かれているわけだから、会社の給料明細では住民税も変わらない。
友人
なんと!そんな便利な制度があるんですね!早速、株で儲けて今の会社とおさらばしよう!
スタッフ
その思考がどこから来るのか知りたいよ(汗)正直、あまり知識がない状態で株をやるのは危険じゃないかな?
友人
いや、まあそれはアドバイザーを見つけて……
スタッフ
そんな都合の良い人いないよ。まあ、人工知能アドバイザーなんかは面白いと思うけど。
友人
人口知能アドバイザー!?未来感ありますね。
スタッフ
こういうやつなんどけどね。

会社にバレずにあなたの投資を適切支援
《無料》資産運用アドバイザー「VESTA」

資産運用AIアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket