Pocket

VESTA Voiceは、News VESTAのスタッフが日ごろ受けた株式投資の相談を元にお届けするフィクションコラムです。

友人
あー、また株で損しちゃった。どうしよう。
スタッフ
あらら。お気の毒に。どんな株に手を出しちゃったの?
友人
A社というところなんですが、最近急激に株価が上がってきてたんですよ。正直、よくわかんない、パッとしない会社だったんですが、今がチャンスだと思って投資したんですが昨日、大暴落しちゃって。
スタッフ
あー、典型的な仕手株に手を出しちゃったのかな?
友人
シテカブ?
スタッフ
モルジブ?
友人
読者が付いてこれる切り返しでお願いします。
スタッフ
カタカナで言っちゃうくらいだから知らないんだろうね。仕手株って言うのはざっくりいうと「どっかの団体が意図的に株価を上げて、自分たちに有利になるように取引する」ことを言うね。
友人
株価を上げて、有利にするって市場操作じゃないですか!それって犯罪ですよね?
スタッフ
もちろん、株価の操作は違法なんだけど、この場合は割と微妙なラインなんだよ。
友人
え!?なんでですか?
スタッフ
そもそも、操作をしているかの立証が難しいからね。本当にチャンスだと思って大量に買ったのかもしれないし。
友人
うーん。何だか嫌な感じですね。モヤモヤします。
スタッフ
話題の新作アイスを買ったけど、そんな言うほどうまいかなあ?みたいな。
友人
それはもやっとした感じになりますけど(笑)
スタッフ
基本的に初心者は仕手株には手を出さないのが賢明だね。
友人
つまり、上級者は仕手株を上手に取り扱えるということですか?
スタッフ
どちらかと言うと、手を出すべきでない株をきちんと見分けられるのが上級者かな。相応の知識と経験が絶対に必要。
友人
うひゃー!
スタッフ
というか、株価が凄く上がったからチャンスだと思って投資している君が凄く心配になってきた。そんなやり方は裸で外を出歩くくらい危険だよ。
友人
危険というか捕まります。
スタッフ
本当に慎重にやった方がいいよってこと。まあ、今回失敗しているから繰り返すことはないと思うけど。
友人
ギクッ
スタッフ
ん?何か微妙な表情だな。ひょっとして過去に似た経験あるの?
友人
(口笛)
スタッフ
あちゃー、2度あることは3度あるっていうけど、同じ失敗はしちゃいけないよ。それだったら自動でオススメしてくれるロボアドバイザーをパートナーにしたほうがいいかもね。
友人
ロボアドバイザー?何ですかそれ?
スタッフ
ふふ、プログラムが今の景気やキミのライフプランなどを分析して、キミにぴったりの投資手法をオススメしてくれるのがロボアドバイザーなんだ。僕が最近好調なの知ってるよね?それもロボアドバイザーのお陰なんだよ。
友人
マジっすか!?え、ちょっと教えて欲しい。
スタッフ
いいけど、良い情報だと思ったらなんか奢ってよ。
友人
奢ります、奢ります。寿司でもステーキでも何でもござれですよ。
スタッフ
しょうがないな。ただし、あくまでもパートナーとしてというのを忘れずに。投資は自分の責任で行うものだから必ずその意識を持つこと。判断や行動の責任は全て自分になるよ。いいね?
友人
わかりました!

資産運用アドバイザー「VESTA」がお届け
あなたの《投資偏差値》を6段階で診断します

まずはロボットアドバイザーで《無料診断》

Pocket