Pocket

VESTA Voiceは、News VESTAのスタッフが日ごろ受けた株式投資の相談を元にお届けするフィクションコラムです。

 

友人
スタッフさん、すみません質問があります。
スタッフ
うん?なんだい。AKBの推しメンはまゆゆだよ。
友人
いや、そんなこと聞いてないっす。まあ、それより聞いてくださいよ。
スタッフ
なんだい?
友人
FXやっている友人が結構、海外の情報を調べているんですよ。で、株投資でも外国の情報はチェックした方がいいよって言われたんですが何でですか?
スタッフ
それ、友達に直接聞けば良かったんじゃない?
友人
なんかタイミング逃しちゃって…その時はつい知ったかぶってしまいました。
スタッフ
ふーん。まあ、その友達が言うように外国の情報はチェックした方がいいかな。最低でも大きい流れは掴まないと日々の投資判断にも関わるし。
友人
うーん。それがわからないんですよ。だって僕は日本株を購入しているので、海外とか関係ないじゃないですか?
スタッフ
いや、それがそうじゃないんだなあ。
友人
何でですか?
スタッフ
日本株はどこのを買っているの?
友人
牛丼チェーンのA社とか大手銀行のB社ですね。
スタッフ
じゃあ、君の買っている株でわかりやすく説明しよう。牛丼チェーンのA社はアメリカの牛肉を使っていることで有名だよね?
友人
そうですね。CMでも言ってますね。
スタッフ
もし、1ドル200円になったらどうなる?流石にそこまでの円安にはならないだろうけど。
友人
えっと、仕入れの牛肉の値段が高くなるから牛丼の値段が上がるということですよね。
スタッフ
その通り、経営に問題が起きる。安さが売りのA社にとってみれば致命的な問題だよね。
友人
なるほど、言われてみればそうですね。
スタッフ
次に大手銀行のB社だね。これは通貨危機が起きると大変なことになる。
友人
通貨危機って何ですか?
スタッフ
簡単に言うと、国の通貨の価値が限りなく低くなってしまう状態で経済が成り立たなくなるレベルのことだね。
友人
うわー、そんなこと未だにあるんですか?
スタッフ
一昔前だと2001年アルゼンチンの通貨危機。ジンバブエのインフレなんかは記憶に新しいよね。
友人
2001年がもう大分昔ってことにちょっと、恐怖を覚えますね。
スタッフ
それは同意。で、1997年にはアジア通貨危機もあった。これの影響で1998年にはマイナス成長になり、デフレになってしまった。金融機関は大打撃を受けるわけさ。経済に大きくブレーキがかかるからね。
友人
通貨危機っていいことないですね。
スタッフ
そうだね。通貨危機が起きるとまず国の信用がなくなって、金融機関も投資しなくなる。金融機関が撤退したら企業や個人投資家も撤退するから悪くなる一方なんだ。そりゃ株価も影響受けるよ。
友人
なるほど。難しいですね。株って。
スタッフ
だからこそ、世界の流れは掴んでおかないといけないよね。
友人
でも、国内のニュースだけでもいっぱいなのに、正直海外まで情報を追えないですよ。
スタッフ
要するに適切な投資判断ができればいいわけだよね?
友人
そうなんです。
スタッフ
じゃあ、投資運用のアドバイザーツールを使うのも一つの手じゃないかな?
友人
アドバイザーツール?気になります。

投資判断に適切な一手を
《無料》資産運用アドバイザー「VESTA」

資産運用ロボットアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket