Pocket

本日(6月22日)の午前中、沖縄地方の梅雨明けが発表されました。今年は、平年より1日早く、去年より6日遅い梅雨明けとなりました。次は本土の番ですね。

 

そして梅雨が明けると本格的に猛暑の日々が始まります。そうなると、注目されるのは、「猛暑関連銘柄」です。

 

猛暑になる前に「猛暑関連銘柄」に仕込み、猛暑になった際に売却すれば、大きな利益を出すこともできるかもしれません。

 

ただ、猛暑にならない年もあるので、それに関しては神のみぞ知るとしか言えませんが。

 

「猛暑関連銘柄」には様々なジャンルが考えられます。

 

例えば、猛暑になれば誰もが暑いので飲み物を飲む量が増えてドリンクメーカーは儲かりますよね。同じようにして、アイスクリームも暑くなればなるほど消費量が増えることが見込まれます。

 

他にも、猛暑の年は水着が普段以上に売れるかもしれません。水着が売れるということは、プールや海に行こうと思う人が多いからであり、そのようになると日焼け止めも沢山売れるかもしれません。

 

逆に暑くなりすぎると、外出しようという人が減って、家でゆっくり過ごす人が増えるかもしれません。そのようになると、DVDやテレビを観る人が普段より増えると考えられます。

 

このように様々な観点から「猛暑関連銘柄」を考えていくことができます。

 

そこで、今回は「猛暑関連銘柄」にはどのようなものがあるのか、いくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います。

 

 

アイスクリーム関連銘柄

 

・セイヒョー<2872>

・B‐Rサーティワンアイスクリーム<2268>

・江崎グリコ<2206>

・森永乳業<2264>

・明治ホールディングス<2269>

 

 

エアコン関連銘柄

 

・ダイキン工業<6367>

・パナソニック<6752>

・日立製作所<6501>

・富士通ゼネラル<6755>

・三菱電機<6503>

 

 

ドリンク関連銘柄

 

・サッポロホールディングス<2501>

・アサヒグループホールディングス<2502>

・キリンホールディングス<2503>

・伊藤園<2593>

・コカ・コーラボトラーズジャパン<2579>

 

 

プール施設関連銘柄

 

・東京都競馬<9672>:東京サマーランド

・常磐興産<9675>:スパリゾートハワイアンズ

・西武ホールディングス<9024>:大磯ロングビーチ、としまえん

・HIS<9603>:ラグーナテンボス

 

 

日焼け止め関連銘柄

 

・資生堂<4911>

・花王<4452>

 

 

虫よけ関連銘柄

 

・アース製薬<4985>

・フマキラー<4998>

 

 

これら以外にも様々な猛暑関連銘柄があるので、ご自身で猛暑になれば売り上げが伸びそうな企業を見つけて投資してみるのもありかもしれません。

 

合わせて読みたい

現役ベンチャー社長に聞いた | 公務員の妻との異なる価値観シリーズ

「投資初心者の大学生たちがもし投資をしたら1年間でどうなるのか」という体験記です

 


将来へ向けて賢く資産形成をしたいあなたには、

無料で使える資産運用のロボットアドバイザー「VESTA」がおすすめ。

資産運用AIアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket