Pocket

VESTA Voiceは、News VESTAのスタッフが日ごろ受けた株式投資の相談を元にお届けするフィクションコラムです。
友人
うーん。ピンチだ。
スタッフ
どうしたの?もうすぐスペシウム光線でも出しちゃいそうなくらいピンチなの?
友人
そう、あと30秒で僕は活動が…って違いますよ(笑)
スタッフ
ボケにのってくれてありがとう。
友人
いえいえ、すいません、ちょっと心配掛けてしまったようで。
スタッフ
何かありそうだね。相談に乗るよ。
友人
いや、恥ずかしい話なんですけど、小遣いが足りなくて今日の飲み会行けないんですよ。でも、キャンセルして上司からグチグチ言われるのも嫌ですし。
スタッフ
なるほど。飲み代もバカにならないよね。
友人
そうなんですよ!4,5千円は取られますからね。僕みたいな妻子持ちだと小遣い制だからピンチの場面が多くて困っちゃいますよ。
スタッフ
行かないって選択肢もあるけど、そういうわけにはいかないみたいだね。だったら株式投資を始めてみるのもいいかもね。
友人
株式投資ですか?不動産じゃなくて?
スタッフ
不動産もいいんだけど、不動産は管理も大変だし、僕としては株式投資がおすすめだよ。
友人
へー、そうなんですか。何でですか?
スタッフ
まあ、色々あるけど、ざっくり言うと「小額の金額で投資可能」「今は投資家には追い風」「スマホで簡単に取引できる」だね。
友人
じゃあFXはダメなんですか?
スタッフ
ダメってことはない。FXでもいいかもしれないね。ただ、FXはレバレッジに気を付けた方がいいね。
友人
レバレッジって…?
スタッフ
自分のお金を証拠金として預け入れると、その証拠金の何倍もの金額でトレードできる仕組みのことだよ。少ない元手でも大きな取引ができるようになるんだ。でも、レバレッジをかけると、利益や損失もその分大きくなるから、注意が必要だね。
友人
じゃあ株は大損することはないんですか?
スタッフ
ぐいぐい話飛ぶね(笑)いや、株でも大損することもあるよ。例えば信用取引をして失敗した時なんかだね。信用取引っていうのは借金をして株を購入するってことなんだけど、初心者はやらない方が賢明かな。
友人
覚えておきます…。
スタッフ
大損はどのくらいが大損の範囲か人によるけど、元手がパーになることもあるよね。
友人
それでも株式投資がおすすめなんですか?
スタッフ
そうだね。例えば、株は5万円くらいからでも投資できる。でも、不動産を買おうと思うと5万円では難しいよね。
友人
かなりの差がありますね。
スタッフ
不動産は負債も大きくなるから、ある程度手持ちの資産がないと心配にもなるよね。
友人
不動産ってなんか難しそうですもんね。
スタッフ
まあ、逆にいうと一定の資産があれば、資産を不動産に変えるのはも有効な手なんだけどね。あ、きみはNISAって聞いたことはあるかい?
友人
ありますよ!CMとかでやってましたよね。あれって何ですか?
スタッフ
NISAは、ものすごく簡単に言うと、元手120万円までの株式投資による利益を非課税にしてくれる制度だね。詳しくはこんなサイトもあるよ
友人
税金がかからないのは凄い仕組みですね!
スタッフ
スマホでNISAを始めるのは気軽でいいよね。
友人
スマホでって聞くとなんか変な広告を思い出しますね。
スタッフ
たった3クリックであなたは一生働かなくても贅沢できる収入が入りますとか?
友人
そうそう!あんなの誰がやるんですかね…(笑)
スタッフ
それでもやっちゃう人がいるんだろうね…やめときゃいいのに…って脱線しちゃったね。
友人
すいません(笑)
スタッフ
まあいいよ(笑)スマホでも株の購入ができるから、時間がない僕らでも簡単に取引できる。これは大きいよね。
友人
サラリーマンには嬉しいですね。
スタッフ
そうだね。技術の進歩による恩恵を感じるよね。そして、そんな技術の進歩をもっと感じ取れることがあるんだ。ロボットアドバイザーって知ってる?
友人
ロボットアドバイザー?何ですかそれ?
スタッフ
僕たち人間は今まで自分で調べたり、分析したりしてたよね?それをロボットが代わりにしてくれるんだ。まるっと鵜呑みにするのはよくないけど、パートナーとして採用すれば色々な視点を学べるよ。
友人
うーん。そんなハイテクなの僕に使いこなせるんでしょうか?
スタッフ
論より証拠、まずは見てみるといいよ。
友人
確かにちょっと、興味はあるのでちらっと見せてください。

はじめての株式投資なら
《無料》資産運用アドバイザーがおすすめ

資産運用ロボッドアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket