Pocket

VESTA Voiceは、News VESTAのスタッフが日ごろ受けた株式投資の相談を元にお届けするフィクションコラムです。

友人
うーん。売るべきか売らないべきか。
スタッフ
どうしたの?エリクサーを使うべきか、どうか迷っているみたいな顔してるけど。
友人
FFですか(笑)まあ、似たようなシチュエーションと言えばそうですね。
スタッフ
売るとか売らないとか、転売でもやっているの?
友人
いえいえ、転売ではなくて株ですよ。投資したところの株価が結構上がったので売ろうかなと。
スタッフ
あー、なるほどね。ある程度の利益出たら利確させたほうがいいよ。
友人
やっぱりそうですよね。売らないまま、また下がったら意味がないですし。ありがとうございます!
スタッフ
ていうか、友人君、株は売買で利益を出そうとしているの?
友人
え、株ってそうやらないと儲け出せないですよね。
スタッフ
な~〜にぃ〜~!?やっちまったな!
友人
男は黙って!
スタッフ
配当利回り!
友人
クールポコとか懐かしいですね(笑)配当利回りは知ってますけど、あれってあまり旨みがないじゃないですか。
スタッフ
どうしてそう思うの?
友人
だって、良いとされているところで2%って話じゃないですか。仮に100万円投資したら年間で2万円ですよね。儲けが出るのはいいことですが、もう少し稼ぎたいですね。
スタッフ
なるほど。僕からも質問だけど株の売買でどのくらい儲け出せてるの?
友人
えっと、そういえば計算したことないですね。
スタッフ
ダメよ〜ダメダメ。少なくとも利益が出ているのか、損をしているのか、具体的な数字で管理しないとダメだよ。
友人
(え?)確かに。冷静に考えると少し損をしていると思います。今回みたいに儲けが出る時もありますが、塩漬けしてるのもありますし。
スタッフ
ふむふむ。株の売買は上手くやれば確かに大きい利益を上げることができるよ。でも、まだ利益を出せてないなら配当利回りに着目するのもいいんじゃないかな。
友人
うーん、そうですね。少しでも儲けを出すことも重要ですもんね。
スタッフ
そうなんだ。ハッキリ言っておくと長期的に儲けを出さない投資は無意味だよ。もちろん、経験とか知識とかになるから全くの無意味にはならないけどね。
友人
でも、正直にいうと失敗はしたくないですよ。
スタッフ
多くの人はそうだよ。失敗は誰だってしたくないさ。だからこそ手堅い方法を最初は勧めているんだよ。
友人
ある程度の株価の上下があっても、配当金が入ってきますからね。
スタッフ
そうだね。堅実にやるなら株価が緩やかな安定した企業で配当利回りが高めの所が理想だよね。しかも、探せば配当利回りが4%近い会社もある。条件付きだけどね。
友人
5%ですか!結構ありますね。
スタッフ
そうなんだ。しかも配当利回りが高いと多くの投資家が買うから株価が上がりやすい。ある程度の株価になったら売るという方法もできる。
友人
なるほど!早速そのやり方に変えてみます!!
スタッフ
おいおい、そんなこと今までやってきてないのに急にできるわけないだろ。
友人
う、確かにその通りですね…。
スタッフ
そういう分析や提案をロボットに仕事させるのが友人君にとって一番いいと思うよ。
友人
ロボット!?
スタッフ
投資において最大の敵は感情でもあるからね。その点、ロボットは投資に適していると言っていい。
友人
なるほど、最新のツールなら信用できるかもしれません。その話、詳しく聞きたいです。
スタッフ
なぁ〜に〜、聞きたいのか!?男は黙って…
友人
ロボットアドバイザー!

ロボットを活用した堅実な投資なら
《無料》資産運用アドバイザー「VESTA」がおすすめ

資産運用ロボッドアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket