Pocket

ダイエット支援でお馴染みのライザップ。今回は最近株式市場で注目されているライザップグループについて考察します。

株価の乱高下

ライザップの株価が連日乱高下しています。1日に7%から10%動くこともまれではありません。さらに、ライザップだけではなく、ライザップ関連銘柄も激しい値動きを記録しています。

ちなみにライザップ関連銘柄とは、ライザップが多額の出資をしているグループ企業のことを指します。例えば、街なかでよく見かけるジーンズメイトや、ECサイトを運営する夢展望など、7社ほどあります。

 

そもそもライザップ社の株価も特殊な動きをしています。

これはライザップ社の過去10年間の株価チャートです。

3年前から急激に株価が上昇しています。

2008年ごろには5円ほどまで下がった株価が直近では2000円を超えています。約400倍にまで上昇したということですね。ここまで上がるのがベンチャー投資の魅力ですね。

これはライザップが既存事業から脱却して現在のフィットネス事業に参入したのが転機でした。そもそも、そのころは健康コーポレーションという社名で、健康食品の通販事業を行っていました。

ライザップはフィットネス企業?

このように健康食品の通販から始まったライザップですが、現在はフィットネス事業をやってます。しかし、実はフィットネス事業だけではないんです。ゴルフや英会話、料理教室など様々なことをしております。一見、関係のない事業を闇雲に手を出しているように見えますが、これには明確な軸が存在しています。

それは、「自分を律して目標を達成したいという想いを支援する」という軸です。

ライザップで実際に痩せられたという口コミを広げることによって、その自分を律するメソッドでゴルフを上手くしたいだとか、料理を上手くしたいだとか、そのような需要に応えることができるのです。

このような自己実現欲求はこれからの社会において需要がますます伸びていくので、さらなる成長が期待できます。

 

ライザップ傘下に入ると株価が急騰する理由

このような将来が期待できるライザップ社ですが、次々と企業を買収しています。

しかも、買収する企業は赤字の企業ばかり。

なかには、企業の存続が危ういとされる「継続企業の前提に関する重要事象等」が記載されている企業もあります。

その1つがジーンズメイトです。ジーンズメイトは9期連続の赤字で、「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載がありました。

ジーンズメイトがライザップに買収された後は、営業時間の縮小や店舗ブランドの統一、商品ラインナップの見直しなどを進め、時期通期決算での赤字解消見通しを発表しました。

このようにライザップ社主導による再建が期待されることで買収された企業の株価が高騰すると思われます。

また、ライザップ社は株価をかなり気にして経営をしていると言われていて、株価対策を期待して買っている株主が多いと思われます。

 

合わせて読みたい

現役ベンチャー社長に聞いた | 公務員の妻との異なる価値観シリーズ

「投資初心者の大学生たちがもし投資をしたら1年間でどうなるのか」という体験記です

 


将来へ向けて賢く資産形成をしたいあなたには、

無料で使える資産運用のロボットアドバイザー「VESTA」がおすすめ。

資産運用AIアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket