Pocket

スマホ決済って何?どういうメリットがあるの?

 

最近やたらと話題になっているスマホ決済というものをご存知でしょうか?

 

スマホ決済とは言葉の通りモバイル決済の一種で、スマートフォンを用いて決済をするシステムのことです。

 

日本で言えば、「楽天スマートペイ」や「Square」などがスマホ決済の代表例になります。

 

そもそも何故、スマホ決済が最近やたらと話題になるのでしょうか?

 

それは消費者が財布を持たずとも買い物ができるのは勿論のこと、事業主にとって3つのメリットがあるからです。

 

その3つのメリットは以下のようになっています。

 

1.簡単に導入できる

スマホ決済は簡単に導入できます。クレジットカードを導入するにはそれなりの金額がかかりますが、スマホ決済に必要な端末は無料です。

 

2.手数料が安い

クレジットカード決済だと手数料が6%程度かかりますが、スマホ決済の場合は3%強と非常に安い手数料になっています。

 

3.入金がすぐにできる

クレジットカード決済の場合、月に1,2回の入金ですが、スマホ決済の場合は翌日入金がほとんどです。

 

 

日本<中国?スマホ決済の現状

 

2017年6月に日銀が非常に興味深い調査結果を発表しました。

 

なんと、中国のスマホ決済を利用している人の割合が日本のそれをかなり上回っていることが分かったのです。

 

日本ではたったの6%の人しか利用していないみたいですが、中国の都市部では98.3%もの人が利用しているそうなのです。

 

実はスマホ決済という一面だけを見ると、中国が先進国で日本はまだまだ発展途上国なのです。

 

中国では「Alipay」と「WeChat Pay」の二つがスマホ決済においては主に利用されているのですが、何故これらのサービスがここまで進んでいるのでしょうか?

 

その理由とは、

 

・もともと中国ではオンラインショッピングやチャットサービスの利用が活発であったから

・ここ数年でスマートフォンが急激に普及したから

 

だと考えられます。

 

スマホアプリの「Alipay」と「WeChat Pay」が急激に普及したのも不思議ではないのかもしれません。

 

 

合わせて読みたい

現役ベンチャー社長に聞いた | 公務員の妻との異なる価値観シリーズ

「投資初心者の大学生たちがもし投資をしたら1年間でどうなるのか」という体験記です

 


将来へ向けて賢く資産形成をしたいあなたには、

無料で使える資産運用のロボットアドバイザー「VESTA」がおすすめ。

資産運用AIアドバイザー VESTA(ベスタ)

 

 

Pocket