Pocket

VESTA Voiceは、News VESTAのスタッフが日ごろ受けた株式投資の相談を元にお届けするフィクションコラムです。

 

友人
買おうかな。どうしようかな。
スタッフ
どうしたの?中学生が初めてエッチな本を買う時みたいになってるよ。
友人
あー、そのくらいドキドキ感はあるかもしれませんね。
スタッフ
そんな刺激的なものを買おうとしているのかい?なんて不健全な!…僕にも見せてくれる?
友人
どんだけスケベですか(笑)ていうか、株の購入ですよ。
スタッフ
え、株の購入でドキドキしてるの?大勝負でもするつもり?
友人
いえ、そういうわけじゃないんですが。
スタッフ
じゃあ、なんでドキドキしてるの?初めてなの?
友人
ううっ、初めてってわけじゃないんですけど、まだ慣れないんですよね。
スタッフ
まあ、投資に関しては心配性な方が個人的にはいいと思うよ。
友人
そうなんですか?
スタッフ
心配性な人が購入できる株って、それなりに自信を持ってたり、リスクの管理ができている傾向が強いんだよね。
友人
心配性って何か勝負師のイメージじゃないんですが裏を返せばそうかもしれませんね。
スタッフ
そうなんだよね。未だに優れた投資家は常に大勝負を勝っているようなイメージがあるかもしれないけど、そんなことはないよ。
友人
え!?そうなんですか。ずっとそう思ってました。
スタッフ
もちろん、優れた投資家の人のタイプはそれぞれだよ。共通点があるとしたら冷静な判断ができていることかな。
友人
冷静な判断ですか?チャート分析とかじゃなくて?
スタッフ
チャート分析も重要だよ。ボリンジャーバンドや一日均衡法、MACD、RSIなんかを駆使する必要はある。
友人
ふむふむ。
スタッフ
でも、それは技術なんだ。技術を支える冷静さがないと意味がない。
友人
なるほど、もしイチローが常に怒っていたらヒット打てなくなりそうですよね。
スタッフ
スゴイ例え出してきたな(笑)でも、近いよ。
友人
ところでボリンジャーバンドとかなんちゃらかんちゃらって、何ですか?
スタッフ
あー、一つずつ説明すると結構な時間かかるから、またの機会にでも。
友人
了解っす!
スタッフ
で、冷静な判断の話だよね。
友人
そうです。
スタッフ
冷静な判断は「感情に流されないこと」「タイミングを見極められていること」ができているかでわかるんだ。
友人
ふむふむ。
スタッフ
感情に流されないことは周りの反応に乗らないこと、あくまで情報として持つくらいの気持ちがいいね。
友人
ネットとかだと「あの株はもうすぐ上がるぞ!」って煽っている人いますよね。そういうのに流されないってことですか?
スタッフ
そうだね。仮にそれに流された場合、自分の責任を他人に委ねていることになる。これは投資家としてはやっちゃいけないし優秀な人は絶対にやらない。
友人
なるほど。まずは考え方からってことですか。
スタッフ
そして、投資はタイミングが全てといっても過言じゃないことはわかるよね?
友人
ざっくり言えば、安い時に買って高い時に売れば儲かりますから、そうでしょうね。
スタッフ
そうだね。タイミングを見極めるにはさっき例に出したチャート分析が重要になる。
友人
ふむふむ。
スタッフ
この株、スゴイ上昇している!ニュースにも出たし、バンバンCMやってるよ。今が買いだ!買おう!っていうのはタイミングを見極めていない証拠だね。
友人
感情に流されているし、チャート分析も出来ていないからですよね。
スタッフ
その通り。
友人
なるほど、ありがとうございます。これを参考に迷っている銘柄を買うかどうか見ていきます。
スタッフ
あ、自分でやるのもいいけど、ロボットアドバイザーを採用してみるのはどうかな?
友人
え!?どういうことですか?
スタッフ
さっき、話したチャート分析はそれなりに勉強しないと難しいけど、ロボットアドバイザーなら眺めるだけだからね。
友人
なんか、スゴイ便利そうですね!
スタッフ
ただし、ロボットに責任を押し付けないように。自分で判断する気持ちを常に心がけていれば役に立つよ。
友人
わかりました!勉強をするつもりで見てみます。

チャート分析は難しい?
そんなときは「VESTA」を活用

《無料》資産運用ロボッドアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket