Pocket

VESTA Voiceは、News VESTAのスタッフが日ごろ受けた株式投資の相談を元にお届けするフィクションコラムです。

 

友人
スタッフさん!
スタッフ
おっと、そんな大声で呼ばないでよ。ちょっと二日酔い気味でさ。
友人
え!大丈夫ですか?
スタッフ
久々に飲みすぎちゃったよ。僕の代わりに仕事やっておいて。
友人
ちょっと待ってくださいよ(笑)
スタッフ
冗談だよ、何か聞きたい事でもあるの?
友人
実は今度、投資信託をしようと思っているんです。
スタッフ
へー、投資信託するんだ。それで何を聞きたいのさ。
友人
えっと基準価格割れって言葉ありますよね?
スタッフ
うん、あるね。
友人
どういう意味ですか?元本割れとは違うらしいんですが、よくわからなくて。
スタッフ
あー、全然違うね。じゃあ、ちょっと説明するね。
友人
お願いします。
スタッフ
そもそも、基準価格って言うのは投資信託の1口もしくは1万口当たりの値段を指している。
友人
ふむふむ。
スタッフ
投資信託も基準価格は変動するんだ。債券や株式などの収入と運用コストの影響だね。
友人
運用の結果によって変わるってことですか?
スタッフ
その通り。投資信託の多くは1万口1万円で設定されている。で、運用結果によっては1万円を下回ることがある、これが基準価格割れさ。
友人
1万円を下回ったら損ってことですよね?
スタッフ
基準価格だけで見ればそうなるね。
友人
他の視点からだとそうならないんですか?
スタッフ
うん、例えば基準価格割れが起こったけど、配当金をもらえているならプラス収支になってる可能性ってあるよね?
友人
なるほど!元本割れは投資した金額よりも受け取る金額が少ないことを言って、基準価格割れは1口の値段が基準価格よりも下がることを言うんですね。
スタッフ
その通り!全然違うでしょ?マツコ・デラックスと力士くらい違うよね?
友人
何ですかその微妙な例えは(笑)
スタッフ
え、スゴクいい例えをしたつもりなんだけどな。似ているようで全然違うし。
友人
マツコ・デラックスがこの会話聞いてたら、ガミガミ言われますよ。
スタッフ
大丈夫だって、彼女は心優しい人だよ。
友人
いや、男なんですけど。
スタッフ
マジで!?知らなかった!
友人
なんかグダグダですけど、まあいっか。基準価格割れには気をつけろって何かで聞いたことがあったんですが状況によりけりってことですよね?
スタッフ
そうだね。どうしても基準価格は上下してしまうから、それで一喜一憂するのは身が持たないよ。
友人
ありがとうございます!自分に合った投資信託を選んでみます!
スタッフ
あ、でも投資信託を視野に入れているんだったらロボットアドバイザーも視野に入れてみたらどうかな?
友人
ロボットですか?何をしてくれるんですか?
スタッフ
君の代わりに情報を集めて、分析して、資産運用をアドバイスしてくれるのさ。
友人
ロボットがそんなことできる時代になったんですね。
スタッフ
僕も採用しているんだけど、これが中々鋭い提案をしてくれてね。驚いてるんだ。
友人
スタッフさんを驚かせるとは、ロボットアドバイザーおそろしい子!
スタッフ
興味あるなら、ちらっと見せてあげようか?
友人
お願いします!

豊富な情報と分析力が特徴
《無料》資産運用アドバイザー「VESTA」

資産運用ロボッドアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket