Pocket

NISA(ニーサ)って非課税でオトクって聞いただけど、
難しいイメージもあるし、私とは関係ないかも…

実は、そんな投資初心者にオススメの制度が「つみたてNISA」なんです。

つみたてNISAのポイントは…

 ① 約20%の税金がゼロに!!
 ② 投資初心者にこそオススメの制度
 ③ 無料ではじめられ、いつでも止められる

■ つみたてNISAとは… 最大のメリットとも言える非課税の効果を解説

つみたてNISAの最大のメリットは、やはり非課税であること。投資で得た売却益や分配金の運用益が非課税になります。日本では、投資で得た利益には通常20.315%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかります。この約20%の税金がゼロになるのが、つみたてNISAです

約20%がゼロに… と言われてもピンとこない人のために具体的な例で考えてみましょう。

例えば、あなたが投資信託(金融商品にひとつの種類)を運用して10万円の利益が出たとします。けれど、この利益の全額があなたになる訳ではありません。2万315円(=10万円×20.315%)は税金。あなたの手元に残るのは8万円弱です。こうして金額に直してみると意外に多いと感じませんか。それが、つみたてNISAを活用すれば、この税金がゼロになるのです。

つみたてNISAは長期にわたりコツコツと運用を続けるための制度です。その期間は最大20年。その間の利益は数百万円になることも十分想定できるケースです。そうなればますます非課税の効果は大きくなります。100万円の利益なら約20万円。500万円の利益なら約100万円の税金がゼロになるのです。

きっとこの記事を読まれた方の中には、色々な節約術を試している人も多いでしょう。20%の節約… 結構難しいと思いませんか。これから始めるのであれば、まずはNISAから。そう感じて頂けたのではないでしょうか。

■ 投資初心者には特にオススメ! そんなつみたてNISAの特長を解説

NISAって聞いたことあるけど、「つみたてNISA」というのは初めて聞いた。という人もいるのではないでしょうか。

実は、NISAにはいくつかの種類があります。「つみたてNISA」は2018年1月にスタートしたばかりの新しい制度です。そのため、以前からNISAと呼ばれていた制度は現在「一般NISA」とも呼ばれ、現在は2つの制度のいずれかを選んで利用するというルールになりました。

となると、「つみたてNISA」と「一般NISA」。どちらを選ぶのが良いのかという疑問も生まれるでしょう。そこで、両者の違いを下の図にまとめてみました。

制度名 つみたてNISA 一般NISA
新規に投資できる期間  20年間
(2018年~2037年)
10年間
(2014年~2023年)
非課税となる期間  最長20年間 最長5年間
※ロールオーバーを利用して
最大10年間
投資上限額  年間40万円 年間120万円
累計非課税投資上限額 800万円 600万円
対象商品  上場株式(ETF、REIT含む)、
投資信託
 金融庁が定めた基準を満たす
投資信託・ETF
積立方法  一括買付、積立  定期かつ継続的方法による
積立のみ
資産の引き出し いつでも引き出せる
損益通算・繰越控除   できない
金融機関の変更    年単位であれば可能

両者の特長をまとめると大きく3つです。

(1)つみたてNISAは、”積立投資専用”のNISA
(2)つみたてNISAは、非課税で投資できる期間が長く、1年あたりの金額は少ない
(3)つみたてNISAは、投資対象となる金融商品に限定あり

それぞれの特長について説明しましょう。

(1)つみたてNISAは、”積立投資専用”のNISA

一般NISAでは、一括でまとまった金額を投資することも、積立で投資することもできます。一方で、つみたてNISAでは、定期かつ継続的方法による積立投資のみが認められています。定期的にコツコツ続けるのが、つみたてNISAのスタイルです。

金融機関によって選択肢は異なりますが、積立投資の頻度や金額は自身で設定できます。つみたてNISAの成功のポイントはいかに継続していけるかです。ご自身のライフスタイルに合わせて、無理のない条件でスタートするのが良いでしょう。

(2)つみたてNISAは、非課税で投資できる期間が長く、1年あたりの金額は少ない

非課税で投資できる金額は、一般NISAでは年間120万円までで、つみたてNISAでは年間40万円まで。非課税で投資できる期間は、一般NISAでは5年間であるのに対し、つみたてNISAは20年間。トータルの非課税金額は、600万円と800万円と、少しつみたてNISAの方が多くなります。一般NISAは年間投資上限額が多く、一括で投資ができる制度であるのに対して、つみたてNISAの方が、より長期投資にメリットがある制と言えるでしょう。

一例として、つみたてNISAでの上限での投資を具体的に考えてみましょう。毎月定額で投資するのであれば、毎月33,300円で年間399,600円。月々3万円ちょっとの投資でつみたてNISAの制度をフル活用することができます。意外にハードルが低いと感じる人も多いのではないでしょうか。もちろん少額からスタートすることも可能です。

(3)つみたてNISAは、投資対象となる金融商品に限定あり

一般NISAでは、上場株式、ETF、REIT、投資信託が対象です。一方で、つみたてNISAでは購入できる金融商品がかなり限定されます。その対象は、金融庁が「長期」「積立」「分散」投資に適していると判断した投資信託・ETFのみ。

選択肢が少ないように見えますが、実はこれがつみたてNISAが投資初心者にオススメな理由です。

現在、販売されている投資信託は約6000本もあります。投資初心者にとっては、それぞれの違いをチェックすることも大変なことでしょう。それこそ、自身に合った商品を選ぶことは至難の業です。そんな数ある投資信託の中から、つみたてNISAで購入できる商品は、金融庁の厳しい基準をクリアした135本のみ(2017年12月21日現在)。投資初心者も安心して選べるのではないでしょうか。

■ スタートも手軽でいつでも引き出し可能…、まずははじめてみるのも良いかも!?

一般NISAも同様ですが、つみたてNISAは口座開設手数料も口座管理手数料も無料です。つまり、投資をスタートするまでは手数料が発生することはありません。無料でスタートできます。

また、つみたてNISAでは、運用資産を途中でいつでも引き出すことが可能です。もちろん上手に運用するためには長期にてしっかり継続的に投資を行うことが大切です。けれど、急な費用が発生することもあるでしょう。住宅の購入資金や教育資金、旅行資金など、そのケースに応じてご自身のタイミングで引き出すことができます。

投資は、ギャンブルみたいなものなのでは!?
投資は、怖いものだから…。
投資は、お金持ちだけがやるものでしょ!

日本には、そんな誤解や間違いをしている人が少なくありません。しかし、こうした人の中でも、実際に投資を行ってみてそのイメージが大きく変わったという人も多いです。つみたてNISAは投資初心者にメリットの大きな制度です。

これから投資をはじめたいという人には、是非知ってもらいたい制度です。

 

Pocket